━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2009年10月9日
       【ビミョーな言葉研究所】『慣用句編』      第 349号
                            発行部数5272部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃慣┃用┃句┃>>>>>>>「体に関する慣用句(番外)−14」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●<体に関する慣用句(番外)> 「心(Part5)」


 ・【心を配る】 ……細かい点にまで、いろいろと配慮すること。
           「お客さまに失礼のないように、隅々まで心を配った」

 ・【心を込める】……真心をもってすること。
           「妻が心を込めて作ってくれた愛情弁当を食べる」

 ・【心を尽くす】……真心をこめて一生懸命に行うこと。
           「娘は心を尽くして看病してくれた」

 ・【心を引かれる】
         ……気持ちを揺り動かされること。関心を持つこと。
           「この作品には、なんとなく心を引かれるものがある」

 ・【心を一つにする】
         ……全員が心を合わせること。一致団結すること。
           「みんなが心を一つにして、大会は大成功に終わった」

 ・【心を開く】 ……隠し事やわだかまりをなくすこと。打ち解けること。
           「多くの人の話しかけに、彼はようやく心を開いた」

 ・【心を乱す】 ……心の平静を失い、落ち着いて考えられなくなること。
           「ささいなことに心を乱していては成功できないぞ」

 ・【心を許す】 ……警戒心などを持たずに、信頼して相手に接すること。
           「心を許して付き合える仲間をつくりなさい」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆┃編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 テニスの杉山愛選手が引退されましたね。

 東レの大会前に行われた引退セレモニーには、世界中からたくさんの女子
 プロ選手が集まってきて、杉山選手の引退を惜しんで泣いていました。

 杉山選手の人柄なんでしょうね。
 多くのライバルたちからも愛されて、慕われて……
 とても感動的なものでした。


 さて、突然なんですが、私もこの辺りでメルマガ界を引退しようと思います。
 (杉山選手とは全く次元の違うお話で恐縮です…)(^^;)

 来週の金曜日、いつもの時間に「廃刊のごあいさつ」をお届けいたしますので、
 もう1号だけ、どうぞ最後までお付き合いくださいませ♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
【発行者】ビミョーな言葉研究家 ☆ 和田みちこ
【サイト】< http://bimyo-kotoba.com > ← 遊びに来てくださいネ♪
     「編集方針」「参考文献」等は、サイトにてご確認ください。
【配 信】『まぐまぐ!』< http://www.mag2.com/ >
【配信中止・変更】はコチラ⇒< http://www.mag2.com/m/0000102087.html >
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━