━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2009年9月4日
       【ビミョーな言葉研究所】『慣用句編』      第 344号
                            発行部数5275部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃慣┃用┃句┃>>>>>>>「体に関する慣用句(番外)−9」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●<体に関する慣用句(番外)> 体から出るものシリーズ「涙」


 ・【涙にくれる】……悲しみに打ちひしがれ、泣き暮らすこと。
           「夫に先立たれ、彼女はただ涙にくれていた」

 ・【涙にむせぶ】……涙に声を詰まらせて泣くこと。
           「引退表明は涙にむせんで言葉にならなかった」

 ・【涙を禁じ得ない】
         ……涙が流れそうになるのを止めることができない。
           「残された幼子のことを思うと、涙を禁じ得ません」

 ・【涙を誘う】 ……かわいそうで、思わず涙があふれそうになること。
           「彼女の話は、聞く人の涙を誘った」

 ・【涙をのむ】 ……泣きたいほどの悔しさや無念さをこらえること。
    (呑む)   「古傷が痛みだし、涙をのんでリタイアした」

           ☆補足−【呑む】は「こらえて表に出さない」の意。
               常用外のため一般には平仮名で書きます。

 ・【涙を振るう】……同情する気持ちを振り捨てること。
           「涙を振るってリストラを断行した」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆┃編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 この間の日曜日、ことし20歳になったウチの娘の初選挙でした。

 お恥ずかしながら、政治のことは全く分からないようなので、
 当日の朝、新聞の選挙特集を読ませて、投票に連れていきました。

 一夜漬けならぬ朝漬け(浅漬け)です。(^^;)

 それでも、その夜、
 「自分が投票したら興味もわくなぁ〜」と言いながら
 テレビの選挙速報を見ていましたよ。

 うん。まずは投票からの第一歩ですね。


 でも、投票所へ行く途中、
 「あれ? 誰やったかなぁ……名前忘れたー!」
 なんて言ってました。

 半歩後退。(-_-;)

                   ……大人の階段、のぼるぅ〜♪
                     ま、ゆっくりでいいよね。(^^)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
【発行者】ビミョーな言葉研究家 ☆ 和田みちこ
【サイト】< http://bimyo-kotoba.com > ← 遊びに来てくださいネ♪
     「編集方針」「参考文献」等は、サイトにてご確認ください。
【配 信】『まぐまぐ!』< http://www.mag2.com/ >
【配信中止・変更】はコチラ⇒< http://www.mag2.com/m/0000102087.html >
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━