━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2009年7月10日
       【ビミョーな言葉研究所】『慣用句編』      第 336号
                            発行部数5267部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃慣┃用┃句┃>>>>>>>「体に関する慣用句(番外)−1」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●<体に関する慣用句(番外)> 体から出るものシリーズ「息(Part1)」

                 ↑なんかイマイチなネーミングですが…。

 ・【息が合う】 ……双方の気持ちがピッタリと合うこと。
           「ペアの息が合った素晴らしい攻撃だ」

 ・【息がかかる】……有力者の影響下・支配下にあること。
           「社長の息がかかった社員が抜てきされるようだ」

 ・【息が通う】 ……芸術作品などで、作者の気持ちがこもっていること。
           「彼女の晩年の作品には息が通っている」

 ・【息が切れる】……困難が多く、苦しくてこれ以上続けられないこと。
           「いくら頑張ってもばん回できず、息が切れてしまった」

 ・【息が続く】 ……一つのことを長い間続けること。
           「メルマガを始めて7年目、よく息が続いているな」

 ・【息が詰まる】……緊張感から、重苦しく窮屈な気分になること。
           「親に監視されているようで息が詰まるよ」

 ・【息が長い】 ……一つのことを長い間続けていること。
           「体のケアに気を配り、息が長い選手になりたい」

 ・【息の根を止める】
         ……二度と活動できないように、徹底的に打ちのめすこと。
           「取り締まりを強化して、暴走族の息の根を止めるぞ」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆┃編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 マイケル・ジャクソンさんが亡くなられましたが、
 私は特にファンということでもなく、知っていることといえば「スリラー」
 「ムーンウォーク」「ネバーランド」ぐらいなものなんですよ。

 ですから、新聞の見出しに『死亡前日、深夜までリハ』とあって、
 「あら〜、遅くまでリハビリしてたのね〜」と思ってしまいました。

 記事をよく読んでみると「リハビリ」ではなく「リハーサル」。(-_-;)


 「リハ」がリハーサルの略語だってぐらい、私だって大学4年間、
 演劇に携わっていたんですから十分過ぎるぐらい知ってるんですよ。

 なのに「リハビリ」だと思ってしまった自分が、
 いや自分の年が情けない……。(T_T)

 今度からリハビリのことを「リハ」って言っちゃおっかな〜。
 そしたら何か明るいイメージだし、ちょっとカッコイイしぃ〜♪


        ……「オレ、これからリハだから。ヨロシク」(▼▼)y―~~~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
【発行者】ビミョーな言葉研究家 ☆ 和田みちこ
【サイト】< http://bimyo-kotoba.com > ← 遊びに来てくださいネ♪
     「編集方針」「参考文献」等は、サイトにてご確認ください。
【配 信】『まぐまぐ!』< http://www.mag2.com/ >
【配信中止・変更】はコチラ⇒< http://www.mag2.com/m/0000102087.html >
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━