━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2009年6月26日
       【ビミョーな言葉研究所】『慣用句編』      第 335号
                            発行部数5334部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃慣┃用┃句┃>>>>>>「体に関する慣用句(その他)−20」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●<体に関する慣用句(その他)> 「命」

 ・【命あっての物種(ものだね)】
          ……何事も命があってこそのことだという意。
            「命あっての物種だ。ここはひとまず退散しよう」

            ☆補足−【物種】は、物事のもとになるものの意。
                「ものだねぇ〜」と、のばさないように。

 ・【命に代えても】……自分の命と引き換えにしても。
            「命に代えても子供たちを守り抜きます」

 ・【命の親】   ……窮地から救ってくれた恩人のこと。
 (=命の恩人)    「生きる勇気を与えてくれた、彼女は命の親です」

 ・【命の洗濯】  ……日ごろの苦労などを忘れるために休息を楽しむこと。
            「命の洗濯をしに、一人旅に出ようと思う」

 ・【命の綱】   ……命をつないでいくよりどころとなるもの。
            「水だけを命の綱に、救助隊が来るのを待った」

 ・【命を預ける】 ……信頼している人に生死を委ねること。
            「先生に命を預ける覚悟で手術に踏み切った」

 ・【命を懸ける】 ……命を捨てる覚悟で物事に打ち込むこと。
            「命を懸けて、一大プロジェクトに取り組む」

 ・【命を削る】  ……寿命を縮めること。
            「不摂生を続けると、命を削ることになるぞ」

 ・【命をなげうつ】……決死の覚悟で行うこと。
            「命をなげうって祖国のために戦う」

            ☆注意−【なげうつ】は漢字で書くと【擲つ】。
                惜しげもなく差し出す意。
                決して命を投げて打たないようにネ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆┃編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 <お知らせ> 来週の【ビ研】はお休みします。

  配信スタンドのシステムリニューアルがあり、7月1〜3日の間、
  メルマガの配信ができないためです。あしからずご了承ください。
  次回配信は7月10日(金)になります。


 <続・洗濯機>

  新しい洗濯機……めちゃくちゃ静かなんです!

  10年前のは「ゴォー、バチャバチャバチャ、ゴォー、バチャバチャバチャ」
  今のは  「…………ピチャピチャピチャ、…………ピチャピチャピチャ」
  って水の音だけ。モーター音っていうんですか、あれがないんです。

  ほんまにちゃんと洗ってくれてんのかなぁ……
  と、何度もフタを開けてのぞいてしまいました。(^^;)

  脱水も「ササササー、ササササー」って、
  思わず「忍者か!」と突っ込んだぐらいです。

  あまりに静かなんで、こっちの話す声も小さくなったり、
  動きもいつになくおしとやかになったり……思わぬ効果もあります。


        ……まあ、初日だけでしたけどね。人間って慣れるの早い!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
【発行者】ビミョーな言葉研究家 ☆ 和田みちこ
【サイト】< http://bimyo-kotoba.com > ← 遊びに来てくださいネ♪
     「編集方針」「参考文献」等は、サイトにてご確認ください。
【配 信】『まぐまぐ!』< http://www.mag2.com/ >
【配信中止・変更】はコチラ⇒< http://www.mag2.com/m/0000102087.html >
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━