━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2009年2月27日
       【ビミョーな言葉研究所】『慣用句編』      第 318号
                            発行部数5673部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃慣┃用┃句┃>>>>>>「体に関する慣用句(その他)−3」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●<体に関する慣用句(その他)> 「首・のど」

 ・【首がつながる】……失職を免れること。
   ↓↑       「あなたのおかげで、なんとか首がつながりました」

 ・【首になる】  ……解雇されること。
   ↓        「前代未聞の大失敗で、とうとう首になってしまった」

 ・【首を切る】  ……解雇すること。
            「この不景気で、会社は契約社員の首を切った」

 ・【首が回らない】……お金のやり繰りがつかないこと。
            「借金だらけで首が回らなくなってしまった」

 ・【首に縄を付けても】
          ……嫌がる人を無理やり連れていくこと。
            「抵抗するだろうが、首に縄を付けても連れてこい」

 ・【首をかしげる】……納得がいかず首を傾けること。不審に思うこと。
            「彼の弁明はどうも首をかしげる点が多い」

 ・【首をそろえる】……関係者全員が集まること。
            「事件の関係者が一堂に首をそろえた」

 ・【首を縦に振る】……承諾すること。
            「その程度の条件では、なかなか首を縦に振らない」

 ・【首を突っ込む】……興味を持って、かかわったり深入りしたりすること。
            「この問題に君は首を突っ込まないほうがいい」

 ・【首を長くする】……今か今かと待ちわびること。
            「田舎の母は息子の帰省を、首を長くして待っている」

 ・【首をひねる】 ……疑問に思い、考え込むこと。
            「事件の真相を聞いて、その刑事は首をひねった」

 ・【のどから手が出る】
          ……欲しくてたまらないようす。
            「この絵は、のどから手が出るほど欲しかったものだ」

 ・【のど元過ぎれば熱さ(を)忘れる】
          ……苦しい経験も、そのときに受けた恩も、
            過ぎ去ってしまえばけろりと忘れてしまうことの例え。
            (「江戸版いろはがるた」の一つ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆┃編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 うちの夫は「おでん」が大好き。特に厚揚げが大好物なんです。

 いつもお鍋にいっぱい作って、1日目は「あっさりおでん」
 2日目は「しみしみおでん」、3日目は「こってりおでん」となります。

 この間から寒の戻りで少々寒かったので、
 「この冬最後に、もう一回おでんしとこか〜」ってことで作ったんです。
 ええ、夫のリクエストで厚揚げをたぁ〜ぷり入れて。

 娘ができあがったおでんの鍋をのぞいて「アゲばっかりや〜」と言うので、
 私は言ってやりました。

 「そら、おでんアゲインやもん!」。

 うん、我ながらなかなかうまいオチでした。(^^*)


                 ……オチもうまいし、おでんもうまい♪
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
【発行者】ビミョーな言葉研究家 ☆ 和田みちこ
【サイト】< http://bimyo-kotoba.com > ← 遊びに来てくださいネ♪
     「編集方針」「参考文献」等は、サイトにてご確認ください。
【配 信】『まぐまぐ!』< http://www.mag2.com/ >
【配信中止・変更】はコチラ⇒< http://www.mag2.com/m/0000102087.html >
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━