━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2008年10月3日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 297号
                            発行部数5883部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆┃コ┃ラ┃ム┃>>>>>>>>>>>>>>>>>「『敬語編』最終回」
━┛━┛━┛━┛

 【ビミョーな言葉研究所】『敬語編』は、今号がいよいよ最終回です。
 その最終回で、いきなり前号の訂正をさせていただきます。<(_ _)>


【前号の訂正】
  『お(ご)……する』が使えない(使わないほうが良い)ときについて、
  下記のとおり訂正いたします。大変失礼いたしました。

  ┌
 前| <1.専用語があるとき>
 号|
 の|  「言う」 ⇒「お言いする」 × 「申し上げる」 ○
 内|  「見る」 ⇒「お見する」  × 「拝見する」  ○
 容|  「もらう」⇒「おもらいする」× 「頂く」    ○
  |  「会う」 ⇒「お会いする」 △ 「お目にかかる」○
  |  「聞く」 ⇒「お聞きする」 △ 「伺う」    ○
  └  
  下の2つを△(少し不自然です)としたのは、不適切な表現でした。

  「お会いする・お聞きする」は“不自然な敬語”ではなく、
  “簡易な敬語”としてよく使われますが、状況によってはより敬意の高い
  「お目にかかる・伺う」を使うほうが良いでしょう。


 さて、『敬語編』のコラム形式のものを7回にわたってお送りしましたが、
 おかげさまで参考文献である『敬語』菊地康人著を読破することができました。
 (何度睡魔に襲われたことか……(笑))

 最後に、菊地康人氏がこの本の中の「誤りをどう受け止めるか」の項で
 書かれていることを引用させていただき、『敬語編』のシメといたします。


  「他人の敬語については、心がこもってさえいれば、多少の不適切な使用
   や誤りにはある程度は寛容であっていいのではないかと思われる」

  「<敬語をできるだけ正しく適切に使おう>という心がけは、
   もちろんあるべきである。
   そうした努力が相応に払われていることを前提とした上で、
   それでも起こる誤りについては寛容に受け止め合おう」

  「なお、当然すべき挨拶をしないのが不快感を与えるように、
   使うべき敬語を使わないのは
   ――たとえば横柄さや自分を偉く見せようとする気持ちなどから、
     あるいは男性が女性を軽く見るなどして、
     使おうと思えば使えるはずの人が敬語を使わないのは――、
   誤りよりも一層不快なものである」


           ――【参考文献】『敬語』菊地康人/講談社学術文庫
----------------------------------------------------------------------
   〜 次号からは『慣用句編』! お楽しみにっ♪ (^^)/ 〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆┃編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 先日、父方の祖父母の法事がありました。

 お寺でお坊さんがお経を上げてくださり、
 ありがたぁ〜い説教が終わって、
 みんなでお墓のほうへお参りに移動しかけたとき……

 娘がお坊さんに近寄り、何やら質問をしていました。
 説教の中で何か納得できないところがあったのでしょうか。
 大した度胸です。(-_-;)


 長々と聞いていたようなので、後で「何を聞いてたん?」と尋ねてみると、

 娘「う〜ん……朝バナナダイエットって、はやってるみたいやけど、
   南国の果物は体を冷やすから、あんまり食べたらアカンねんてさ」

 ああ、ありがたき宗教の教え……


                    ……って、世間話かよっ!(>_<)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
【発行者】ビミョーな言葉研究家 ☆ 和田みちこ
【サイト】< http://bimyo-kotoba.com > ← 遊びに来てくださいネ♪
     「編集方針」「参考文献」等は、サイトにてご確認ください。
【配 信】『まぐまぐ!』< http://www.mag2.com/ >
【配信中止・変更】はコチラ⇒< http://www.mag2.com/m/0000102087.html >
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━