━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2007年7月20日
        【ビミョーな言葉研究所】『敬語編』      第 239号
                            発行部数5752部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃敬┃語┃>>>>>>>>>>>「丁重語と謙譲語Iの注意点」
━┛━┛━┛━┛━┛

 ●前号では「丁重語と謙譲語Iの相違点」をお送りしました。
   ⇒バックナンバー< http://blog.mag2.com/m/log/0000102087/ >

 ●その3つ目をもう一度おさらいしましょう!
  行為の及ぶ相手が「自分の身内」の場合の用例です。

  【丁重語】            【謙譲語I】

 (A先生に対して……)      (A先生に対して……)
 (私は)妹を案内いたしました。○ (私は)妹をご案内いたしました。 ×
 (私は)妹のところに参ります。○ (私は)妹のところに伺います。  ×
 (私は)妹に申します。    ○ (私は)妹に申し上げます。    ×
 (私は)妹の件は存じています。○ (私は)妹の件は存じ上げています。×

  このように、丁重語は(行為の及ぶ相手が)自分の身内の場合も使えるが、
  「謙譲語Iは、(行為の及ぶ相手が)自分の身内の場合は使えない」
  ということでしたね。


 ●ここで注意していただきたいのは、
  「はいはい、謙譲語Iは身内のことには使えないのね〜」と単純に納得し
  てしまってはイケナイということです。

  そもそも【謙譲語】とは自分のウチ(身内)のことに使う敬語ですからネ!

  次の【謙譲語I】の用例をご覧ください。

  (A先生に対して……)
   妹がご案内いたします。○
   妹が伺います。    ○
   妹が申し上げます。  ○
   妹は存じ上げています。○

  このように自分の身内(妹)のことであっても、それが主語(行為者)で
  あれば【謙譲語I】はもちろん使えます。ココを誤解しないでくださいね。

  あくまでも「行為者は自分」であって、「行為の及ぶ相手が身内」の場合、
  【丁重語】は使えるが【謙譲語I】は使えないということです。


 ●敬語を考えるときは「誰から誰へのこと(行為・動作・物など)」なのか
  が重要ポイントになってきますので、常に注意を払ってくださいネ☆


 ●次週からは、いよいよ【尊敬語】に入りま〜す♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃メ┃モ┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 ・家族3人で晩ご飯を食べ終わったときのこと、
  夫が珍しく「ゲーム、教えたろか?」と……。

  順番に数字を言っていき、「3」「6」「9」の数字だけは口に出さず
  代わりに手をたたくという単純なもの。
  (「13」のときは「ジュウ」とだけ言って手をたたき、
   「33」のときは2回手をたたく)

  夫(得意げに)「じゃ行くでぇ〜。イチ!」
  私(いやいや)「ニィ」
  娘(パン!)
  夫「シ!」 私「ゴォ」 娘(パン!)……
  ……………………………………………………
  私「ニジュウ(パン!)」 娘「(パン!)ジュウ」
  夫「サンジュウイチ!」

  ↑「サン」を言ったので夫の負け。(-_-;)
  (自分でふっといて負けるかぁ〜)


  気を取り直して、夫「じゃ、もう1つ!」と。

  1〜3つまでの数字を順番に言っていき、「31」を言った人が負け
  という、これまた単純なもの。

  夫「1・2・3!」
  私「4」
  娘「5・6」
  ……………………………………………………
  私「27・28・29」
  娘「30」
  夫「……31」

  またまた夫の負け!
  自分で言い出してアッサリ2連敗した夫に、笑いが止まりませんでした。(笑)


  さらに追い打ちをかけるような、夫へのコメント。

   娘「ママとやって勝てるわけないやん!」
   私「勝負を挑む相手を間違えてるね。フンッ!」


              ……意外と数字モノに強い私なのです。(^^*)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
【発行者】ビミョーな言葉研究家 ☆ 和田みちこ
【サイト】< http://bimyo-kotoba.com > ← 遊びに来てくださいネ♪
     「編集方針」「参考文献」等は、サイトにてご確認ください。
【ご意見】このメルマガに直接返信してください。お返事書きま〜す!
【配 信】『まぐまぐ!』< http://www.mag2.com/ >
【配信中止・変更】はコチラ⇒< http://www.mag2.com/m/0000102087.html >
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━