━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2007年4月27日
        【ビミョーな言葉研究所】『敬語編』      第 227号
                            発行部数5815部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
敬┃語┃に┃つ┃い┃て┃考┃え┃る┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●私のイメージですが、敬語って、英語に似てると思うんですよね。
  え?「ケイゴ」と「エイゴ」で一字違いのシャレかって?(ちがぁーう!)

  イメージですよ、あくまでもイメージなんですが……(^^;)


 ●例えば、
  自分のことを言うのか「I am ……」
  相手のことを言うのか「You are ……」
  第三者のことを言うのか「He is ……」
  がポイントになってくる点。

   「私は伺います」(謙譲語)
   「あなたもいらっしゃいますか」(尊敬語)
   「彼は行きません」(※話し相手によって変わります)


 ●例えば、
  「visit」の過去形は「visited」と、動詞を過去形にするためには
  大抵後ろに「ed」を付ければいいけど、
  「go」の過去形は「went」と、全く違った形になるケースもある点。

   「訪問する」⇒「ご訪問になる」(「ご……になる」を付けた形)
   「行く」  ⇒「いらっしゃる」(全く違った形)


 ●例えば、
  「good」⇒「better」⇒「best」と、比較級・最上級がある点。

   「先生が来ました」⇒「先生が来られました」(軽い敬意)
            ⇒「先生がお越しになりました」(敬意が高い)


  いかがでしょ? こじつけでしょうか。(^^;)
  私は大まかには、そんなイメージでとらえているんです。


  集英社の満点ゲットシリーズから
  『ちびまる子ちゃんの敬語教室』という本が出ているんですが、
  その本の中で、ヒデじい(花輪クンちのじいや)が言っています。

   「いかめしい顔つきの総理大臣とでも
    ひげを生やした学者とでも
    敬語を使えばどんな人とでも話ができます」


  う〜ん、やっぱり“英語”と似てるぅ〜!

     ……でも、敬語のほうがカンタン。だって日本語だもんね?(笑)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃メ┃モ┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 ・娘(18歳)のために購入したパソコンが到着しました。
  本体とモニター(画面)とスピーカーで、荷物は3つ。
  段ボール箱にはってあるシール「3ヶ口」を見て、娘が一言。

   「“さんけろ”って何?」  

  彼女の発言は、時々私を絶句させます。

  数秒間の絶句のあと、私が言った言葉は……

   「ネタをありがとう!」

                   ……でも、涙。(~-~)<ケロケーロ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
【発行者】ビミョーな言葉研究家 ☆ 和田みちこ
【サイト】< http://bimyo-kotoba.com > ← 遊びに来てくださいネ♪
     「編集方針」「参考文献」等は、サイトにてご確認ください。
【ご意見】このメルマガに直接返信してください。お返事書きま〜す!
【配 信】『まぐまぐ!』< http://www.mag2.com/ >
【配信中止・変更】はコチラ⇒< http://www.mag2.com/m/0000102087.html >
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
━━━━━━━━━━━━< bimyo-kotoba.com >━━━━━━━━━━━━━