▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2006年11月17日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 204号
                            発行部数5636部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
復┃習┃問┃題┃1┃
━┛━┛━┛━┛━┛
-----------------------------------------------------------------------
 それぞれの文に最も適した漢字を考えてください。答えはすぐ下にあります。
 (送り仮名の部分も含めて「カタカナ」にしてあります)
-----------------------------------------------------------------------

 ● 漢字の勉強は楽しんでやることを「オススメ」します。
   だから『ビミョ〜な日本語』和田みちこ著を「オススメ」します。(^^*)

 ● 私が彼と初めて「アッタ」のは20年前のことでした。
   今ではとんだ災難に「アッタ」ものだと思っています。(-_-;)

 ● 手を「アゲテ」背伸びをした。
   旗を「アゲテ」お祝いをした。
   例を「アゲテ」説明をした。

 ● ちゃぶ台をひっくり返して怒りを「アラワシタ」。
   とうとう本性を「アラワシタ」な!

 ● これから二人で力を「アワセテ」頑張ってください。
   「アワセテ」健康をお祈りしています。


……………………………………………………………………………………………
答┃え┃と┃解┃説┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 ■ 漢字の勉強は楽しんでやることを「お勧め」します。
   だから『ビミョ〜な日本語』和田みちこ著を「お薦め」します。

   【勧める】は、「〜したほうがいい」と勧誘・奨励すること。
   【薦める】は、具体的な人や物を推薦すること。


 ■ 私が彼と初めて「会った」のは20年前のことでした。
   今ではとんだ災難に「遭った」ものだと思っています。

   【会う】は、単純に人と人とが会うこと。
   【遭う】は、好ましくないことに出くわす(遭遇する)こと。


 ■ 手を「上げて」背伸びをした。
   旗を「揚げて」お祝いをした。
   例を「挙げて」説明をした。

   【上げる】は、単純に下から上へ移動すること。
   【揚げる】は、高く掲げること。(掲揚)
   【挙げる】は、はっきり分かるように示すこと。(列挙)


 ■ ちゃぶ台をひっくり返して怒りを「表した」。
   とうとう本性を「現した」な!

   【表す】は、思想や感情などを表に出すこと。
   【現す】は、隠れていたものが出現すること。


 ■ これから二人で力を「合わせて」頑張ってください。
   「併せて」健康をお祈りしています。

   【合わせる】は、2つ以上のものを1つに合計すること。
   【併せる】は、同時に・並行して、一緒にすること。


※詳しくは【ビ研】サイト < http://bimyo-kotoba.com > のバックナンバー
 創刊号・第3号・第5号・第12号・第13号をご覧くださいネ。(^^)/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 夫が取引先の日帰り旅行で、陶芸体験教室をしてくるというので、
 5〜6年ほど前、私も陶芸体験をやった時のことを思い出しました。

 「コレをつくる!」と、心に決めていた物があったんです。

 それで、縦長の筒状のモノをつくっていると……

   先生「湯飲みですか?」
   私 「いいえ」

   先生「花瓶ですか?」
   私 「……いいえ」

   先生「……何ですか?」
   私 「箸立てです」

   先生「…………」


 ……陶芸で箸立てをつくっちゃあいけませんかっ?!(T_T)

 ちなみに、旅行から帰ってきた夫に聞いてみたところ、

   私「何つくったん?」
   夫「ラーメン鉢」


        ……先生の気持ちが、少しだけ分かったような気がします。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。だって欲しかったの!│
└──────────────────────────────────┘