▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2006年10月13日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 199号
                            発行部数5710部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>「破れる」と「敗れる」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐………………………………………………………………………………
 │問題│ 杜甫の『春望』――「国ヤブれて山河あり」、はどっちでしょ?
 └──┘………………………………………………………………………………

 ●破れる
  裂ける。壊れる。失敗する。

  ▽例▽
   ズボンが破れる・障子が破れる・均衡が破れる・夢が破れる・破れかぶれ

 ●敗れる
  勝負に負ける。

  ▽例▽
   戦いに敗れる・試合に敗れる・選挙に敗れる・ライバルに敗れる


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 【敗れる】は勝負事にのみ使います。
 それ以外は【破れる】です。

 普通の失恋なら「恋に破れる」。
 三角関係の結末だと「恋に敗れる」でしょうか。(笑)


 気を付けなければならないのは、
 他動詞の「やぶる」は、一般には【破る】のみだということです。

 ですから「敵に【敗れた】(自動詞)」と書きますが、
 勝った側からだと「敵を【破った】(他動詞)」となります。

 【破】には「撃破・打破」など「負かす」の意味がありますが、
 【敗】は「完敗・惨敗」など、負けた側の様子を表す言葉だからです。


 さて、問題の答えは【破れて】でした。
 「国が(戦いに)負けて……」ではなく「国が荒廃して……」なんですね。
 原文は「國破山河在」。(あぁ懐かし)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃ ◆◆ 「惹く・想い・活かす」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌−【読者さんからのメール(編集)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                                |
 | 1.Sさんより                        |
 |   人の気持ちを「惹きつける」「引きつける」         |
 |   どちらが正しいのでしょうか?               |
 |   手元にある辞書で調べると、同じ意味として使うようですし  |
 |   どちらを使っても間違いではないようなのです。       |
 |                                |
 | 2.Kさんより                        |
 |   仲間で旅をしたときの写真をアルバム編集しておりますが、  |
 |   表紙のタイトルの文字にとまどいがあります。        |
 |   「旅の思い出」か「旅の想いで」か・・・          |
 |                                |
 | 3.Hさんより                        |
 |   この経験を「いかして」という場合、            |
 |   辞書によってどちらもありだとおもうのですが、たぶん「活」 |
 |   か「生」かどちらかなのかなと思います。          |
 |   私は「活用」の観点から「活」を使うようにしてます。    |
 |                                |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

  ▲和田)Sさん、Kさん、Hさん、まとめてしまってスミマセン。

    1.【引く】……一般
      【惹く】……表外字    ※「表外字」とは、
                    常用漢字表にない漢字のこと。
    2.【思い】……一般
      【想い】……表外音訓   ※「表外音訓」とは、
                    常用漢字表にない音訓のこと。
    3.【生かす】…一般
      【活かす】…表外音訓


   どちらか迷われる場合は一般的なほうをオススメします。
   ただ、常用漢字表はあくまでも「目安」ですので、
   【惹く・想い・活かす】でも、間違いというワケではありません。

   【惹く】は「心や気持ちをひきつける場合」に、
   【想い】は「情緒的なニュアンスを強調したい場合」に、
   【活かす】は「活用する場合」に使われることが多いようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 駅への道を急いでいるとき、道端でお金を拾いました。
 無造作に二つに折り畳まれた5000円札です。

 そういえば財布を拾ったネタを【ビ研】に書いたことがあるなぁ〜と、
 バックナンバーを繰ってみると……なんと2年前の10月15日号でした。
 (10月はそういう月なのか? 2年後も期待するぞぉ!)

 下ばっかり見て歩いているワケじゃないんですけどねぇ〜。(笑)
 (キョロキョロはしていますが)(^^;)


 駅前の交番へ持っていくと、案の定「調書を書きますので」とお巡りさん。
 いや、そんなヒマはない。電車の時間が迫っているのだ!

 その旨を告げ、拾った場所と時間を伝えて、あとはお巡りさんに託しました。

 でも……
 道行く人の靴や自転車のタイヤに何度も踏まれて、アスファルトのブツブツ
 だらけになっていたハダカの5000円札。
 果たして落とし主は現れるのでしょうか。


          ……あぁ、それは給料日3日前の出来事でした。(-_-;)
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。深い意味はありません│
└──────────────────────────────────┘