▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2006年8月11日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 190号
                            発行部数5691部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「平行」と「並行」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐………………………………………………………………………………
 │問題│ 彼女は運動と「ヘイコウ」して食事制限もしている、はどっち?
 └──┘………………………………………………………………………………

 ●平行
  どこまで行っても交わらないこと。

  ▽例▽
   平行する2直線・平行線を引く・平行四辺形・平行棒・平行移動
   話し合いが平行線をたどる・机を平行に並べる

 ●並行
  並んで行くこと。並んで行うこと。

  ▽例▽
   2台の車が並行して走る・二つの研究を並行して進める・並行審議


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 鉄道は国道と【平行に】続いている。
 鉄道と国道が【並行して】走っている。

 【平行に】は「平行である静的な状態」に重点を置いています。
 【並行して】は「並んで行っている動的な状態」に重点を置いています。


 <おまけ>
 よく似た同音異義語に【平衡】がありますね。
 【平衡】とは「バランス」のことで、
 「収入と支出の平衡が崩れる・平衡感覚が良い」などと使います。


 さて、問題の答えは【並行】でした〜☆

↑<『ビミョ〜な日本語』< http://tinyurl.com/derau >より抜粋、編集>↑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 時間帯を表す古語 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌−【Sさんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | 日本語というか古語っぽいのですが              |
 |                               |
 |「しののめ」「あかつき」「あかとき」「あけぼの」「あさぼらけ」|
 |                               |
 | ビミョウに違う時間帯らしいっすね。             |
 |                               |
 | ネタになりませんか?                    |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

  ▲和田)ありがとうございます。しっかりネタにさせていただきます。(笑)
   実は高校の3年間、担任が古典の先生だったんです。
   その影響もあって割と好きなんですよ、「春はあけぼの……」とか。

   でも、すっかり忘れてしまっていますぅ。(-_-;)
   で、調べてみました。

   順番にいうと「ゆふべ―よひ―よなか―あかつき―あけぼの―あした」
   となるようです。         (あかとき)

   ※「あかつき」は「あかとき」の転で、
    上代では「あかとき」、中古以後は「あかつき」といったそうです。


  『全訳読解古語辞典・第二版(三省堂)』の解説を引用しますと……

   「あかつき」は、夜中を過ぎて朝になるまでの時間帯。
   明け方に近づきながら、なお明けやらぬ時間を「しののめ(東雲)」、
   「あかつき」が明るんできたときを「あけぼの(曙)」、
   完全に明けきると「あした(朝)」「つとめて」という。

   また、具体的・視覚的には「あさぼらけ」ともいう。
   「あかつき」「あけぼの」には時間の先後はなく、
   抽象的に言う場合が「あかつき」、
   具体的・視覚的に言う場合が「あけぼの」であるともいう。


  『全訳基本古語辞典・第三版(三省堂)』の方を見ますと……

   「あさぼらけ」…「あけぼの」とほぼ同じ時間帯、あるいは、少し朝に
           近い時分をいう。
           また、「あけぼの」は春、「あさぼらけ」は秋や冬に
           使われることが多いといわれる。


  これらを【ビ研】的に整理してみますと……

   時間の経過
   ↓【あかつき】夜中を過ぎて朝になるまでの、まだ暗い時間帯。
   ↓【しののめ】明け方に近づきながら、なお明けやらぬ時間帯。
   ↓【あけぼの】「あかつき」が明るんできた時間帯。
   ↓【あさぼらけ】「あけぼの」とほぼ同じ時間帯、
           あるいは、少し朝に近い時分。
   ↓【あした】 (夜が明けた)あさ。

   諸説あるようですが、一応こんな感じですね。


   現代語の「夕方」「宵」「夜中」「未明」「早朝」などでも
   人によってビミョーに感覚が違いますよね〜。
   その辺りも、また機会があれば、ご紹介したいと思っています。(^^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 <お知らせ>

 本日、我が家では、ADSLから光ファイバーへ切り替えるための工事をします。
 その後、無線LANの設定やら何やらに手間取る可能性(危険性?)があります
 ので、いただいたメールへのお返事が遅くなるかもしれません。

 あらかじめご承知おきくださいませ。<(_ _)>

                      ……つ、ついに光だ!(^o^)/
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。ではまた来週〜♪(^^)│
└──────────────────────────────────┘