▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2006年7月21日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 187号
                            発行部数5732部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「不信」と「不審」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐……………………………………………………………………
 │問題│ 夫の珍しい言動を「フシン」に思う、はどっちでしょ?
 └──┘……………………………………………………………………

 ●不信
  信用しないこと。信義を守らないこと。

  ▽例▽
   不信を買う・不信の念を抱く・政治不信を招く・人間不信に陥る
   不信感が消えない・不信行為により契約を解除する

 ●不審
  疑わしく思うこと。納得のいかない点があること。

  ▽例▽
   供述に不審な点がある・彼女の行動を不審に思う・挙動不審の男
   不審人物が侵入する・不審物を発見する・不審火


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 【不信】は、単純に「信用しない(できない)こと」、
 【不審】は「何かよくないことと関係があるのではないかと疑うこと」です。

  例えば……
  「不審火」は「放火の疑いがある火事」
  「不審物」は「爆弾などの疑いがある物」
  「不審人物」は「何か悪いことをする疑いがある人」ですね。


 「審査・審判・審理」などの熟語があるように、
 「審」には「詳しく知る」という意味がありますので、
 【不審】は「詳しく分からない(ので、疑う)」という意味になります。


 さて、問題の答えは【不審】でした〜☆

↑<『ビミョ〜な日本語』< http://tinyurl.com/derau >より抜粋、編集>↑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「申し訳ございません」は誤り? ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌−【Mさんからのメール(編集)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | 14日のメルマガの第2研究室「すいません」の最後で、     |
 | > ちなみにビジネスシーンでは 〜中略〜           |
 | > 「申し訳ありません(申し訳ございません)」が適切です。  |
 | とありましたが、                      |
 | 以前、某テレビ番組「ジャポニカ○ゴス」で、         |
 |「申し訳ありません(ございません)」は誤りだと言っていました。|
 |                               |
 |「申し訳ない」で1語なので、これを「申し訳」と「ない」に分離 |
 | して使うのはおかしい、という理由でした。          |
 | もし「申し訳ございません」といいたいのなら、        |
 |「申し訳ないことでございます」というのが正解だと。。。    |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

  ▲和田)あまりにも一般的に使っているので気付きませんでした!
   誤用の代表格として出てくる「とんでもございません」と同じたぐいの
   言葉だということですね。

   「申し訳」という言葉は名詞として存在するので、
   「申し訳」+「無い」に分割できると思っていました……。


   さて『明鏡国語辞典』の【申し訳ない】の項では、
   『謝罪・恐縮などの表現に使う。丁寧形の「申し訳ありません」
   「申し訳ございません」が多く用いられる』と解説されています。

   (『明鏡』は「とんでもありません(ございません)」も認めています)

   また、手元にある敬語の本にも「申し訳ありません(ございません)」が
   堂々と載っています。


   ただ、Mさんにご紹介いただいた『大辞泉』では、
   『「申し訳」に「ない」の付いた複合形容詞で一語とするが、
   「申し訳」は名詞としても使うし、「申し訳がない」「申し訳が立たない」
   という言い方もある。
   従って丁寧に言おうとして「申し訳ありません」「申し訳ございません」
   と言うのを、一概に誤りとは言えないであろう』と解説されています。

   『大辞泉』は丁寧ですね〜。ナットクです!(^^)


   ということで、【申し訳ない】は1語の形容詞なので、
   「申し訳」と「ない」に分割するのはおかしいけれど、
   【申し訳ありません(ございません)】は、
   「申し訳がありません(ございません)」の「が」を省略した形で、
   それが一般化したもの(=慣用)、と考えてはいかがでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 母から電話があって、セキュリティソフトの設定の仕方が分からないと。
 電話で「こうして、ああして」と話していてもらちが明かないので (>_<)
 「今から行くわ!」と急きょ実家へ行くことに。(車で1時間ほどなんです)

 何かお土産に持っていくものないかな〜と考えたけど、目ぼしいモノはなく、
 ほんとに突然だったので、前夜に炊いた切り干し大根を持っていきました。
 (主婦はおかずが一番うれしい……ハズ)


 無事設定が終わり、帰りにもらって帰ったモノ。
 毛ガニ2匹、固まりのハム2本、ビール半ダース、などなど……。

 「海老で鯛!」どころか、
 娘いわく「メダカで本マグロやなぁ」

               ……ウチの夕食はメダカレベルかよ。(-_-;)
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。いつも感謝してます!│
└──────────────────────────────────┘