▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2006年6月30日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 184号
                            発行部数5752部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>「不(ぶ)○○」と「無(ぶ)○○」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●不(ぶ)○○
  主に「……でない。……がよくない。……しない」

  ▽例▽
   不器用・不格好・不細工・不用心

 ●無(ぶ)○○
  主に「……がない」

  ▽例▽
   無愛想・無遠慮・無礼・無難・無事


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 「不気味・無気味」「不作法・無作法」「不粋・無粋」など、
 【不】でも【無】でも良く、特に使い分けていない辞書も多いようです。

 そんな中、『新明解国語辞典(第六版)』の解説が面白いです!

 【不】……その点に関し、マイナスの状態にあることを表す。
 【無】……人とのつきあい上、有ってほしいものが欠けていることを表す。

 確かに「不器用・不格好・不細工」などは、状態がマイナスですね。(笑)
 そして「無愛想・無遠慮・無礼」は、有ってほしいものが欠けています。

 その観点で使い分けると、1行目の3つは「不気味」「無作法」「不粋」
 となるでしょうか。



 さて、もう少し掘り下げて
 「不(ふ)○○」と「無(む)○○」についても見てみましょう。
 「不・無(ぶ)」との違いはあるのでしょうか。

  ●不(ふ)○○「……でない。……がよくない。……しない」
   不自然・不必要・不可能・不景気・不経済・不参加

  ●無(む)○○「……がない」
   無資格・無関係・無意味・無神経・無慈悲・無差別

 読みは違いますが、意味はそれぞれ「不・無(ぶ)」と同じなんですね!

 ちなみに【不】には本来「ぶ」の音はなく、【無(ぶ)】に影響されて生じ
 たものと考えられていますので、「慣用的な読み方」ということになります。

 以上のことから考えても、【不(ふ)と(ぶ)】、【無(む)と(ぶ)】の
 どちらの読みになるかは「慣用」と考えていいのでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 日本は敗退してしまいましたが、W杯はまだ終わっていませんよぉ〜。
 というよりますます佳境に入ってきました!
 で、引き続きサッカーネタで失礼?します。

 私、イタリアのカンナバロ選手が好き♪なんですぅ。(^^*)

 日韓W杯では、ヒディンク監督率いる韓国に負けてしまったイタリア。

 そして、今回の決勝T初戦の対戦相手も、そのヒディンク監督が率いる
 オーストラリア!!(個人的には我が日本の予定だったんですが…)
 うぉ〜、因縁の対決!?

 その『イタリアvsオーストラリア戦』をテレビで見ていたときのことです。
 負ければ終わりのトーナメント戦。その緊迫した雰囲気の中で……

  実況アナウンサー:「イタリアさん」
  解説者(井原氏):「・・・」
  実況アナウンサー:「イハラさん」
  解説者(井原氏):「はい」


 コケましたっ!!

 選手の名前を言い間違えるのは、サッカーの中継ではよくあることです。
 でも、すぐ横にいる解説者のイハラさんのことを「イタリアさん」って!
 しかも人名じゃなくて国名って!!

 笑いすぎてしばらく試合に集中できませんでした……。

              それに「イ」しか合ってませんから……(-_-;)
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。気持ちは分かります!│
└──────────────────────────────────┘