▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年12月2日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 154号
                            発行部数5750部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「慎む」と「謹む」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐………………………………………………………………………
 │問題│ 「ツツシんで」おわび申し上げます、はどっちでしょう?
 └──┘………………………………………………………………………

 ●慎む
  間違いのないように気を付ける。控えめにする。

  ▽例▽
   言葉を慎む・軽率な行動は慎むべきだ・酒を慎む・慎み深い人
  
 ●謹む
  恭しくかしこまる。敬意を表す。

  ▽例▽
   謹んで聞く・謹んで承る・謹んでお祝いを申し上げます


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 『広辞苑』によると、どちらも【包む】と同源で、
 「自分の身を包み、引き締める」という意味だそうです。

 また【謹慎】という熟語もあるように、非常によく似た意味の言葉ですね。 


 【慎む】は「言動などを抑制する、控えめにする」場合に使います。

 【謹む】は多く「謹んで……する」という形で「かしこまって……する」
 の意味で使います。

 もうすぐお正月ですが、年賀状に書く【謹賀新年】は、
 「謹んで新年のお喜びを申し上げます」という意味なんですね。(^^)


 ということで、問題の答えは【謹んで】でした〜。

 また、それぞれ「慎しむ×・謹しむ×」と送り仮名を間違えないように
 注意してくださいネ。(私は間違えてました……恥!)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「……ませ」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 「いらっしゃいませ」や「こちらをご覧くださいませ」などの【ませ】は
 尊敬語と一緒に使って丁重にお願いする場合に使います。

 ……が、『目からウロコ! 日本語がとことんわかる本』に、

  「ビジネス文書、特に対外往復文書では、『くださいませ』のような
  『ませ』や『まし』を使わないという文章作法が一般化しました。」

 と書いてあって、ビックリしました。

 そ……そんな文章作法があったなんて!
 今までメールで散々使っていたわさ。(汗)

 私の場合、ほとんどメールで(文字だけで)仕事のやりとりをするので、
 「ご確認ください」より「ご確認くださいませ」のほうが柔らかくて丁寧
 な感じがするのでつい使ってしまっていました。


 えっ? ちょっと待てよ。ビジネス文書って紙の文書のことかな?
 ビジネス上のメールだと、ちょっと勝手が違うのかなぁ?

 う〜む、いずれにせよ、あまり男性が使われるのを見たことがないので、
 これからはシツコクならないように気を付けよ〜っと。(^^;)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 え〜と……どう切り出していいのやら。(汗)

 (ええい、言っちゃえ!)

 サイトに私の写真を掲載しましたっ!! ε=ε=ε=ε=ε=(*^^)


 勇気のある方は(笑)、どうぞコチラ < http://bimyo-kotoba.com > の
 「プロフィール」をご覧ください。

 プチ講演会のときの写真で、室内なのでちょっと暗めです。(服も黒だし!)

 【ビ研】はこんなヤツが書いています。どーぞヨロシクです♪


 写真を見て、今日メルマガ解除するのだけはやめてくださいねぇ〜。(願)

                       ……凹みますよっ!(>_<)
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただきありがとうございました。カレンダーもあと1枚!│
└──────────────────────────────────┘