▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年11月25日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 153号
                            発行部数5807部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 今号はお休みいたします。
 ボリュームたっぷり、おなかもいっぱいの【2研】へどうぞ〜♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 続「ず・づ」と「じ・ぢ」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 前号の「2研」について、読者のKさんからメールをちょうだいしました。
 (前号はコチラで⇒ < http://blog.mag2.com/m/log/0000102087 >)

 とっても興味深いお話で、すごく勉強になりましたので、ぜひ皆さんにも
 読んでいただきたいと思い、了解を得て掲載させていただくことにしました。
 どうぞじっくりとお読みくださいませ。(^^)/


 ┌−【Kさんからのメール(編集)】−−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                                |
 | 第2研究室では随分苦労されていますね。            |
 | 現代仮名づかいの非論理性のためですよね。           |
 |                                |
 | 万葉集などにあらわれている良質な言語を有した我々の祖先が   |
 | 漢字を採用したことは、実に「鬼に金棒」でした。        |
 | やがて仮名が発明されたことは、この「金棒」の質の向上であった |
 | のです。                           |
 |                                |
 | 日本語はその頃すでに動詞、助動詞、形容詞の活用や助詞の用法など|
 | すこぶる論理的に発達しており、仮名はこれらを遺憾なく表現するこ|
 | とができました。                       |
 | 文語と口語の必然的連繋もこれで正確に示されていました。    |
 |                                |
 |「現代仮名づかい」はこれらの論埋を無視し、文語と口語の関連をも |
 | 無残に断ち切ってしまいました。                |
 | 例えば、口語の「言はう」は文語の「言はむ」から来ていることを |
 | 示しますが、新仮名の「言おう」ではその連絡が解りません。   |
 |                                |
 |「ヂ」や「ヅ」を廃してほとんどすべてを「ジ」と「ズ」で表わし、 |
 |「地震」や「地面」に振假名をつけるとき、優秀な子供が論理を考えて|
 |「ぢしん」「ぢめん」と書けばそれは誤りであるとして先生は「×」を|
 | つけなくてはなりません。                   |
 |                                |
 | このような論理的関係を仮名づかいについて教えることも     |
 | 戦前までは日本の子供たちの頭脳訓練に大切な手段の一つでした。 |
 |                                |
 | 言葉をただ機械的に憶えるのは鸚鵡(オウム)や九官鳥にもできる |
 | ことです。                          |
 |                                |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

  ▲和田)Kさん、貴重なご意見をありがとうございました。

      これからも「非論理性」に頭を悩ませながら(笑)、
      オウムや九官鳥になってしまわないよう気を付けて、
      そして柔軟に、やっぱり楽しく、
      言葉の研究をしていきたいと思います。(^^)v

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 ゴミ袋のお話です。

 私が住んでいる町では、市からゴミ袋が支給されます。
 その袋が、今までは半透明だったのに、この秋からほとんど透明に近いもの
 になってしまったんですよ。(聞いてないぞぉ〜)

 ですから、無造作に放り込むと、インスタントラーメンや冷凍食品の空き袋
 なんかがバーンと真ん前になったりして、ちょっとカッコ悪いことになって
 しまうんですよねぇ。(^^;)

 こういう個人の家庭情報(?)は保護してもらえないんでしょうかぁ……。
 (え、保護するほどのもんじゃないって?)

 まぁ、ルールを守らない人がいるから仕方のないことなんでしょうけど、
 たとえ中身の見えない袋でも、ちゃあんと神様は見てると思うんですけどネ!

                ……あ、甘い?……自覚してマス。(-_-:)
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。神様はココロの中に♪│
└──────────────────────────────────┘