▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年10月7日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 146号
                            発行部数5623部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「沸く」と「湧く」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐………………………………………………………………………………
 │問題│ どんどんと素晴らしいアイデアが「わいた」、はどっちでしょ?
 └──┘………………………………………………………………………………

 ●沸く
  沸騰する。煮える。興奮状態になる。盛んになる。

  ▽例▽
   お湯が沸く・風呂が沸く・スタンドが沸く・観客を沸かすプレー
   議論が沸く・人気が沸く
  
 ●湧く(わく)
  水などがわき出る。感情などが生じる。虫などが発生する。

  ▽例▽
   温泉が湧く・石油が湧く・湧き水・湧き出る涙・虫が湧く
   希望が湧く・実感が湧く・勇気が湧く・興味が湧く・自信が湧く


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃  ▲今週のテーマはAさんからのリクエストでした〜♪
━┛━┛━┛━┛

 1.場内が歓声で【沸く】。
 2.場内に歓声が【湧く】。

 助詞に注意してみてくださいね。

 1.は「場内が、興奮状態になる」 →【沸く】
 2.は「歓声が、起こる(生じる)」→【湧く】

 の違いになります。

 【沸く】は「すでに有るモノが盛んになるイメージ」、
 【湧く】は「新しく出てくるイメージ」がありますネ。


 ところで、感情が込み上げるとき「フツフツ」と言いますよね。
 これは漢字で書くと【沸沸】になります。

 「喜びが沸沸と湧いてきた」……って、モウ!(>_<)
      ̄ ̄  ̄

 さて、問題の答えは【湧いた】でした〜。


 ※【涌く】は【湧く】の本来の字形と考えられていますが、現代では【湧く】
  のほうを使うようです。

  ただ【湧く】は常用外ですので、平仮名書きにすることも多いですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 追い風が吹いています。(^^)v

 この10月から、日本語に関するテレビ番組が続々とスタートするんです!


 ■『タモリのジャポニカロゴス』10月11日(火)スタート!

   ※「にやけた表情」とはどんな表情?
    「世間ずれした人」とはどんな人?

    など、「慣用句」から「美しい日本語」「新明解国語辞典の珍語釈」
    まで、ゲーム感覚で日本語を楽しむ番組。

 ■『あなた説明できますか』10月12日(水)スタート!

   ※「雑炊とおじや」「ベランダとバルコニー」「交番と駐在所」など、
    似ているけれどビミョーに違うモノを取り上げる番組。

 ■『クイズ! 日本語王』10月13日(木)スタート!

   ※『問題な日本語』の北原保雄氏が講師。初回は2時間スペシャル。
    同名の書籍が翌日に発売されるそうです。
    本屋へGO! ご一緒に『ビミョ〜な日本語』もどうぞ♪(笑)


 で、私も企画を考えました!!!

 『トリビアの泉』の「へぇボタン」のような「ビミョ〜ボタン」を作る。

 「ビミョ〜な日本語」を取り上げて、

 「ネコをひざにノせる」は「乗」「載」のどっち? とクイズを出す。

 パネラーが答える。お客さん100人も赤・青のボタンで答える。

 【答え】と【解説】の後、パネラーが「ビミョ〜ボタン」を押して、

 そのビミョ〜度を表す。


 オファーがあれば講師として出演させていただきます。(笑)

 司会者は「さまぁ〜ず」でお願いいたします。<(_ _)> <テレビ局さま♪
 (関西ローカルならメッセンジャーで!)


……ゲストに柴田恭兵さんを呼んでください! (・_*)\い〜かげんにしろっ。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただきありがとうございました。だって楽しいんだもん♪│
└──────────────────────────────────┘