▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年8月26日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 140号
                            発行部数5658部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>「こわす」と「つぶす」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐………………………………………………………………………………
 │問題│ 会社を「○○す」、家庭を「○○す」、はどっちが適切でしょ?
 └──┘………………………………………………………………………………

 ●こわす(壊す)
  元の働き(機能)を失わせる。

  ▽例▽
   体を壊す・おなかを壊す・気分を壊す・時計を壊す・鍵を壊して侵入する

 ●つぶす
  外から力を加えて、物の元の形を失わせる。
  元の働き(機能)を失わせる。

  ▽例▽
   イチゴをつぶす・ニキビをつぶす・空き缶をつぶす・空き箱をつぶす
   声をつぶす・親の顔をつぶす・畑をつぶして家を建てる

……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 どちらも「元の形や働きを失わせる」という意味ですね。

 【こわす】は「物の外形よりも、機能を失わせる」場合に多く使います。
 用例の「鍵を壊す」の場合、外形上の変化もあるかもしれませんが、「鍵と
 しての機能を失わせる」というふうにとらえます。

 物の元の形を失わせる(主に垂直方向に力を加えてペシャンコにする)場合
 は【つぶす】ですが、【つぶす】には「機能を失わせる」意味もあります。


 ビミョーな違いは「修復が可能かどうか」にポイントがあるようです。

 【こわす】は「修復が可能」な場合が多く、
 【つぶす】は「修復が不可能、もしくは困難」な場合が多いようです。

 そういう意味では【こわす】は「一部」、【つぶす】は「全部」のイメージ
 もありますね。


 実は、月曜日の読売新聞『ことばのこばこ』に、「ぶっつぶす」と「ぶっこ
 わす」の違いについて書かれていました。(↑じゃ、パ、パクリ?)(^^;)

 記事によると、小泉首相の名言?「自民党をぶっこわす」は、4年前の街頭
 演説では「自民党をぶっつぶす」だったとか。

 武庫川女子大教授の佐竹秀雄氏は、
 「大きな建物ならこわす、マッチ箱ならつぶすが似合う。つぶす方が簡単に
 ペシャンコになってしまうイメージがある」と書かれています。


 はてさて、小泉首相は「自民党は簡単にペシャンコにならない」と感じたの
 か、それとも「修復が可能な程度にしておこう」と考えたのか……。

 どっちでしょうね?(笑)
 

 問題の答えは「会社を【つぶす】」「家庭を【こわす】」でした〜。

       ……家庭は修復可能?! つぶしてしまう前に修復を!(^^;)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「tama--珠」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌−【Yさんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | 今回の「たま」ですが、珠はどうなるのでしょう。       |
 | 追加でお願いします。                    |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

  ▲和田)前号の「tama--玉・球・弾」についてですね。

    いやぁ〜、たまたま忘れてました。(はい。ニヤッとした人、関西人!)

    実は、常用外訓でしたので、ハナから外しておりました。(汗)
    不親切でしたね。申し訳ございません。

    【珠】は「そろばんのタマ(珠算)」や「宝石(真珠)」などを
    指す場合に使いますが、一般的には「玉」で代用しているようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 本を出すのにこんなことを言うのもナンですが……

 物書きとしては駆け出しなので、その日の気分?によって文章の出来が違う
 ようです。


 先日、書き上げた原稿をいつものように高2の娘に読んでもらったら、

  「今日のは全然ダメ」と言われてしまいました。(泣)

  「この文章は“緑”やねん。お母さんらしい文章は“黄色”やねん」

 って……、ワケわからん!


 【ビ研】読者さんなら、もうお気付きなのでしょうか、私の文章の波。
 いけませんね、こんなことでは。(反省)


 で、推敲を重ねて何とか書き直しました。

  私「どう?」
  娘「うん。“黄緑”になった」

                ……って、やっぱりワケわからん!(>_<)
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただきありがとうございました。私はオレンジのつもり…│
└──────────────────────────────────┘