▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年7月22日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 135号
                            発行部数5641部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「退避」と「待避」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐……………………………………………………………………………
 │問題│ 土砂崩れの恐れがあるため「タイヒ」勧告が出た、はどっち?
 └──┘……………………………………………………………………………

 ●退避
  危険を避けるため退くこと。

  ▽例▽
   安全な場所に退避する・危険区域から退避する・退避訓練・退避命令
  
 ●待避
  (危険を避けて待つこと。)
  ほかのものが通り過ぎるのを避けて待つこと。

  ▽例▽
   特急が通過するのを待避する・待避線に入る電車・待避駅・待避所


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 どちらも「危険を避ける行為」ですが、
 【退避】は一般的に使われ、
 【待避】は主に鉄道や交通に関して使われます。

 【退避】は「避けて退く」。
 別の場所へ移動して避けるイメージです。

 【待避】は「避けて待つ」。
 その場(もしくはちょっと横)で通り過ぎるのを待つイメージです。


 トンネルや高速道路などには、本線からちょっと横へ膨らんだ待避所という
 所がありますよね。

 車が故障して【待避所】まで【退避】する……。

                      ……う〜ん、悩ましい……。

                  おっと、問題の答えは【退避】です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 前号の「タイショウ」について ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌−【Aさんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | 今回の3つの「タイショウ」、意味以前に動詞として使えるのは |
 | 「対照」だけのような気がするのですが違いますか?      |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

  ▲和田)ピンポ〜ン♪ 正解です!
   「対象・対照・対称」の中で、動詞として使うのは「対照」だけです。

   実は、9月に出版する本のほうにはそのことも書いてあるんですよ。
   メルマガの原稿にするとき、削除しちゃいました。(^^;)

   とりあえず意味の違いをはっきりさせて……
   品詞については、もう一歩踏み込んだところになるのでいいかな〜と
   思って。


   正直にお話ししますと、本の内容とメルマガの内容が全く同じになる
   のもどうなんだろう……なんて迷いなんかもある今日このごろなのデス。

   本の原稿を書き始めたときは、メルマガで取り上げた言葉については、
   その内容にさらに情報をプラスすれば良かったんですが、本の原稿が
   メルマガを追い越してからというもの、メルマガの誌面に合わせて、
   何をどう削ればいいのか……頭を悩ませているところなんですぅ。(>_<)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 9月に出版予定の【ビ研】本の第1回目ゲラ(校正刷り)チェックを終え、
 いよいよ最終段階に入ってきています。

 ゲラチェックをしていて、「この本を一人でも多くの方に読んでもらいたい」
 という気持ちがフツフツとわいてきました!

 その気持ちを詩にしてみましたので、よろしかったら読んでみてくださいネ。

 (詩です。あくまでも詩です。……宣伝ではありません。(笑))


  題『楽しく読んでネ〜♪』

   ソファに寝転がって読んでください。

   パスタをゆでながら読んでください。

   ふと思い立ったら読んでください。

   スキマ時間に読んでください。

   そして、お友達にも薦めてください。(笑)


   パッと開いたページごとに完結しています。

   だから、どこからでも読めます。

   そして、一度読んだら忘れません。

   でも、何度読んでもオモシロイです。

   やっぱりお友達にも薦めてください。(笑)


   学生から大人まで楽しんでいただけます。

   学校を卒業してから年月のたった人ほどビックリします。

   学生の受験勉強にも役立ちます。

   会社の社員教育にも役立ちます。

   親としての威厳維持にもお役立てください。(笑)



                 ……詩の才能はなさそうですか?(-_-;)
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただきありがとうございました。やっぱり宣伝?(^_-)-☆│
└──────────────────────────────────┘