▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年5月20日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 126号
                            発行部数5816部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>「TOEIC」と「TOEFL」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛


 ●TOEIC(トーイック)
  Test of English for International Communication
   ̄   ̄  ̄       ̄        ̄
  英語を母国語としない人々を対象に、
  英語を使った意思伝達の能力を測定する試験。  
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  
 ●TOEFL(トーフル)
  Test of English as a Foreign Language
   ̄   ̄  ̄       ̄     ̄
  英語を母国語としない人々を対象に、
  アメリカおよびカナダに留学して学業を行える英語の能力があるかどうか
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  を検定する試験。

                   <『大辞林』(三省堂)より引用>
……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 いやぁ〜、【ビ研】もいよいよ英語にまで手を出してしまいました。(笑)
 ま、たまにはいいかと思いまして。(^^)

 ちまたでよく目にしたり耳にしたりする、この2つ。
 どっちも「なんか英語の試験でしょ?」ぐらいの認識しかなく、読み方も
 イマイチ自信がなかったので、一度ちゃんと調べようと思っていました。


 単純には「TOEIC」のほうが一般向け・ビジネスマン向け、
     「TOEFL」のほうが留学生向け、と理解すればいいようです。


 どちらも「TOE(Test of English)=英語のテスト」までは一緒ですね。

 トーイックの「IC」は「(for)International Communication」で、
 「国際コミュニケーション(のための)」という意味です。

 トーフルの「FL」は「(as a )Foreign Language」で、
 「外国語(としての)」という意味です。

 ……と、英語は得意じゃないので、このぐらいにしておきますね。(汗)


 具体的には試験内容や難易度なども違うようですので、詳しく知りたい方は
 コチラのサイトなどが分かりやすいと思いますよ〜。↓

 < http://allabout.co.jp/study/toeic/closeup/CU20011029D/index.htm >
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「せわしい」と「せわしない」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 前号で、【極まる】と【極まりない】はほぼ同じ意味で、否定の「ない」は
 あってもなくても程度に差はないという説と、【極まる】は「極限に達する」
 だが【極まりない】は「程度に限りがない」ので、やや強調的な意味がある
 という説を書きました。(個人の感覚によっても差はあると思います)

 では「せわしい」と「せわしない」はどうでしょう。

 【せわしい】は「忙しい。落ち着きがない」という意味ですが、
 【せわしない】の「ない」は否定ではなく、「性質・状態を表す語に付いて、
 その意味をさらに強調して形容詞化する接尾語」なんですね。

 【せわしない】の「ない」は、【極まりない】の「ない」とは別物なのです。

 ですから【せわしい】と【せわしない】では、強調の語尾「ない」が付いた
 【せわしない】のほうが、明らかに忙しさの程度が甚だしいことを表してい
 ます。

 
  [まとめ] 極まる  ≦ 極まりない
        せわしい < せわしない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 前号で、関西の言葉かなと思って「ど厚かましい」のことを書きましたが、
 強調のために「ど」を付けるのは、「どアップ」など、わりと全国的になっ
 てきているようですね。

 映画の宣伝などでよく使われる「超ど級」の「ど」は、イギリス戦艦ドレッ
 ドノート号の頭文字なんですよ〜と、読者のMさん&Oさんから教えていた
 だきました。(ありがとうございました!)

 同じ「ど」でも、こちらは強調の接頭語ではなかったんですね。

 ドレッドノート号は当時画期的な巨大戦艦だったことから、「ど級」は「巨
 大な等級」という意味で使われるそうです。
 それに「超」を付けて、「飛び抜けて規模が大きいこと」の意味になります。


 そうそう、Oさんは名古屋の方で、「どえりゃー」はもちろんのこと(笑)、
 妹さんに至っては「どすごい」という言い方もされるそうですよ!

 いやぁ〜、お相撲さんだけだと思っていました。……どすこい、どすこい

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。あしたは交流会♪ルン│
└──────────────────────────────────┘