▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年4月22日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 122号
                            発行部数5805部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 【今ビ】ファンの皆さま、申し訳ございません! 今号もお休みです。

 相変わらずちょっと長めの【2研】でお楽しみくださいっ♪

             ……私って編集の才能がないのかしらん?(-_-;)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「うっかり」と「つい」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 前々号のテーマ「うっかり」と「つい」。
 「“つい”のほうが罪は重いですよね」という私の考察に対して、読者の皆
 さんからさまざまなご意見をいただきましたので、ご紹介いたしますネ。

 「“うっかり”のほうが罪は重いんだよ説」(?)も届きましたよ〜♪


 ┌−【Yさんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | 先日のメルマガの「つい」と「うっかり」の罪の重さに関して、 |
 | 私もまったく和田さんと同意見です。             |
 | 「うっかり万引きとかしないだろ〜!!」           |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘
    ▲和田)「つい出来心で……」はあるでしょうけどネ!


 ┌−【Sさんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 |「うっかり」と「つい」についての考察を読ませていただきました。|
 | 僕も和田さんと全く同じ意見です。              |
 | 絶対「つい」の方が重罪ですよ。               |
 | そう思っている人は多いと思います。             |
 |                               |
 | これからは金田一じゃなくて和田さんの時代ですね。(笑)   |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘
    ▲和田)おいおい、Sさん、言い過ぎですよ〜(汗)


 ┌−【Kさんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | よく父から言われたことに、                 |
 | 『知っててやる悪いことと、知らずにやる悪いことは、どちらが |
 | より悪いか?』ということがあります。            |
 |                               |
 | もちろん『どちらも悪い』のですけれども、答えは、      |
 | 『知らずにやる悪いこと』のほうが悪い、ということです。   |
 |                               |
 | 悪いことだと知っていてやれば、無意識に最悪の事態にならない |
 | よう手加減する。                      |
 | 悪いことだと知らずにやれば、容易に最悪の事態を招く。    |
 | という理屈からきているそうです。              |
 |                               |
 | また、悪いことだと知ってやっていれば、罪悪感があるから反省 |
 | できるけれども、悪いことだと思っていなければ、罪悪感がない |
 | から反省せず、より大きな罪を犯しやすいから悪いんだ、    |
 | とも言われました。                     |
 |                               |
 | これとは多少系統が違うとは思いますが、「つい」と「うっかり」|
 | も、『故意』なら手加減できるけれど『過失』なら取り返しのつ |
 | かない事態になりかねない、という立場から考えてみると、   |
 | 「うっかり」の方が確かに罪が重いのかな?          |
 | などと考えてみたのですが、いかがでしょうか?        |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘
    ▲和田)ううむ……深く考えさせられるお教えです……。


 ┌−【Tさんからのメール(編集)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | 論語の中だったと思いますが、弟子が孔子に尋ねました。    |
 |                               |
 | 知ってて罪を(罪だったかはっきりしませんが)犯すことと、  |
 | 知らずに罪を犯すことはどちらが重いですか?と。       |
 |                               |
 | 孔子曰く、知らずにする事の方が罪が重いと。         |
 |                               |
 | その理由は、もし、ここに真っ赤に焼けたひばし(だった?)が |
 | あったとして、知っててそれを素手で掴むのと、知らずに掴むの |
 | ではどちらがやけどの程度がひどいか。            |
 |                               |
 | ちょっと度忘れしましたが、このような内容だったと思います。 |
 | 知らずに掴むほうが大やけどしますよね。           |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘
   ▲和田)Tさんがうろ覚えのご様子でしたので、本屋さんで調べて
     みたんですが、残念ながら確認できませんでした。

     ただ、Kさんのお父さまのお教えと相通じるものがありますよね。


   ここまで説明してくだされば「ほぉ〜なるほどぉ〜」と、私も(タモ
   リさんも?)一つの考え方として納得できたかもしれません。
   
   ただ、テレビでは時間の制約もあるでしょうから、
   「金田一先生の説明は少々苦しいものであり、例として出すべき語彙
   ではなかったのでは?」という、Rさんからのご意見に同感です。(笑)


   「罪とは何ぞや」という、ちょっと哲学的なお話にまで発展しました
   が、とっても面白いネタでしたね。

   「“つい”のほうが絶対罪は重いよ」と思っていましたが、また別の
   考え方もあるということが分かって、少し頭が柔らかくなりました。(^^)


  ☆ メールをくださった皆さん、ありがとうございました!<(_ _)> ☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

  あらゆるストレスの原因は、人間関係にあります。

  そして人間関係は、あなたの「話し方」ひとつで劇的に変わるのです。

  大切なのは、周囲の人たちに「言葉のプレゼント」を贈ること。

  それだけで、あなたはもっと素敵に生まれ変わります。――本の帯より


 さて、きょうは最近読んだ本をご紹介させていただきますネ!

  『ぜったい幸せになれる
       話し方の秘密』――あなたを変える「言葉のプレゼント」
                佐藤富雄著/スリーエーネットワーク
             < http://www.3anet.co.jp/cocoro/new.html >

 です!(^^)
 この「言葉のプレゼント」ってのがイイと思いません?

 プレゼントを贈るときって、コレがいいかな、アレがいいかな、どんなもの
 が喜んでもらえるかなって、いろいろと贈る相手のことを思いやりますよね。

 「言葉のプレゼント」って、何も誕生日や結婚記念日なんかに贈る特別な言
 葉を言ってるワケじゃありません。

 普段話している言葉すべてがプレゼントなんだと考えてみてください。
 皆さんは、コレがいいかな、アレがいいかな、どんな言葉が喜んでもらえる
 かなって考えて、言葉をチョイスしていますか。

 言葉を大切にして「話し方」を変えれば、人間関係に悩むことなく幸せにな
 れるっていうお話なんです。

 この言葉を使えばいいとか、こういう言い方をすればいいという、小手先の
 ノウハウ本ではありませんよ。

 もっと本質的なこと、人と話すときの心の持ち方を教えてくれます。  


 ちなみに、私の場合ですが……
 夫が仕事から帰ってきたら、「お帰りなさい」と言った後に、必ず「お疲れ
 さまでした」って笑顔で言っています。

 それは、私が会社勤めをしていたとき(もう10年ぐらい前)、まだ小さかっ
 た娘が、仕事から帰ってきた私に「お疲れさま」って言ってくれたことがあ
 って、すっごくうれしかったからなんです。(^^*)

 冬場に帰ってきて、玄関を開けたらスリッパを用意してくれてたときなんて、
 もう涙もんです。(笑)
 「あ〜、帰りを待っててくれたんだなぁ〜」って。

 
 よろしかったら読んでみてくださいね。
 できれば日本人みんなに読んでもらって、みんな幸せになってほしい。
 そうすれば、ギスギスした世の中から犯罪がなくなるかも!?

  コチラです→ < http://www.3anet.co.jp/cocoro/new.html >

                 ……中国人にも読んでもらいたいぞよ。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。 物より言葉っ♪(^^)│
└──────────────────────────────────┘