▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年3月18日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 117号
                            発行部数5742部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「作る」と「造る」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐………………………………………………………………………………
 │問題│ その蔵元では地酒と地ビールを「つくっている」はどっちでしょ?
 └──┘………………………………………………………………………………

 ●作る(主に小規模・手工業的なもの。抽象的で無形のもの)

  ▽例▽
   カレーを作る・米を作る・水割りを作る・棚を作る・資料を作る
   規則を作る・計画を作る・記録を作る・新聞を作る・文を作る

 ●造る(主に大規模・機械工業的なもの。具象的で有形のもの)

  ▽例▽
   家を造る(建造)・自動車を造る(製造)・船を造る(造船)
   庭園を造る(造園)・宅地を造る(造成)・森林を造る(造林)
   貨幣を造る(造幣)・兵器を造る(造兵)
   酒・しょうゆ・酢・みそを造る(醸造)


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃ ▲今週のビミョーはMさんからのリクエストでした〜♪
━┛━┛━┛━┛

 【作る】のほうが広く一般的に使います。

 【造る】は上の用例で挙げたように、熟語になっているものがほとんどです
 ので、熟語を思い浮かべて使い分けるといいですね。

 問題の答えは【造っている】(醸造)になります。


 【作る】は小規模なもの、【造る】は大規模なもののときに使いますので、
 同じワンちゃんの寝床でも、犬小屋なら【作る】ですが、ペットホテルだと
 【造る】になりますね。(^^)


 「抽象的で無形のもの」の場合には【作る】と書きますが、平仮名で書く場
 合も多いようです。
 例えば「環境・平和・雰囲気・時間・歴史・組織・友達・逃げ道」などです。


 【創る】は常用外訓ですが、「新しいものを創作・創造する」場合に使うこ
 ともあります。

 以前、自民党のテレビCMで、小泉首相が「この国を想い、この国を創る」
 と訴えていましたよね。なかなかオシャレだな〜と眺めていました。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 続「カレーが食べたい」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 前号で、「カレーが食べたい」と「カレーを食べたい」はどう違うのか?
 と書きました。
(バックナンバー ⇒ http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000102087 )

 私は文法学者ではありませんので、まずそれを前置きして、一般の日本語使
 用者としての考えを述べさせていただきます。

 それは……「どっちでも同じなんじゃないのぉ〜?」です!

 すみません。(^^;)
 エラそうに次号へ続けておきながら、大したネタは持っていないのです。

 ただ、ちょっと言い訳をさせていただくと……
 私の手元に2冊の国語便覧(中学生用)があるのですが、一方(娘の学校で
 配布されたもの)には、格助詞「が」の用法として「1.主語 2.対象」
 の2つが載っていますが、もう一方(娘の塾で配布されたもの)には「1」
 の用法だけしか載っていないんですよ。

 それで、「なんで?」と疑問に思ったので、「次号へつづく〜」とお気楽に
 書いたのですが、調べていくうちに、私は、とんでもないところへ足を踏み
 入れてしまったことに気がついたのです。(笑)

 そういえば、以前、本屋さんで、「が」と「は」の違いを解説した本を見か
 けたことがありました!(今回のは「が」と「を」ですが)

 いっ、一冊の本になってしまうほど奥が深いものだったのです、助詞ってヤツは。


 「じゃ、もうパスっ!」ってワケにもいかないのでぇ、ここでは簡単に……
 格助詞「が」の「2.対象」の用法は、限られた述語にしか使わない、とし
 ておきます。

 例を挙げますと、

  私はカレーが食べたい。
  私は韓国語が分かる。
  私はテニスができる。

 などは違和感はありませんが、↓下は「を」しか使えませんね。

  私はカレーが作る。× → カレーを作る。
  私は韓国語が話す。× → 韓国語を話す。
  私はテニスがする。× → テニスをする。

 結局、述語が動詞の場合は、「〜したい」という「動詞+助動詞」の形で
 「希望」を表す場合や、「〜できる」などの「可能」を表す場合に「が」
 を使うようです。


 あと、これは私のイメージですが、「カレーを」と言うより「カレーが」と
 言ったほうが、より「カレー」を強調しているように感じます。「ビーフシ
 チューではなく、ハヤシライスでもなく、カレーが食べたいんだ」と。

 でも、これは、「が」が濁音なので「を」よりも強さを感じるという感覚か
 らきているものだと思いますけどね。

            ……もう、しばらくカレーはやめときマス。(>_<)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 かなしいときぃ〜! O(~o~)o (←ちょっと古いけど、いつここ風で♪)

 テレビの星座占いを見てたら最下位だったのに、
  開運のラッキーアイテムを見逃したときぃ〜


 占いはあんまり気にしませんが、なんか、ちょっとショックでした。(^^;)

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。文法はもうイヤっ!(T_T)
└──────────────────────────────────┘