▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年2月25日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 114号
                            発行部数5747部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「食料」と「食糧」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐………………………………………………………………………………
 │問題│ デパートの「ショクリョウ品」売り場で働いている、はどっち?
 └──┘………………………………………………………………………………

 ●食料
  主に、主食(米・麦など)以外の食べ物(魚肉類・野菜・果物)を指す。
  調理して食べる材料のこと。

  ▽例▽
   携帯食料・生鮮食料品・食料品店
  
 ●食糧
  主に、主食(米・麦など)を指す。
  (何人分・何日分など)計画的に用意される、人々に必要な食べ物。

  ▽例▽
   食糧庁・食糧管理制度・戦後の食糧難・1週間分の水と食糧


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 問題の答えは【食料】です。

 家計簿に付ける「ショクリョウヒ(食費)」は【食料費】で、
 需用費(行政の経費)の場合は【食糧費】になります。

 ほかにも【食料・食糧】のどちらも当てはまる用例はたくさんあります。

  ○○援助・○○危機・○○事情・○○不足・○○問題……などです。

 これらは明確な使い分けはできませんが、

  一般的・日常的に使うのが【食料】、
  政治的・経済的な観点から言う場合は【食糧】、

 というイメージでいかがでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「続・全然おいしい!」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌−【Nさんからのメール(編集)】−−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | 会話の相手もしくは自分自身が「これはおいしくないものだ」と |
 | 思っていたことに対して、                  |
 | 「おいしくないと思っていたが、全然おいしい!」と言うのは◎。|
 |                               |
 | そもそも「おいしいものだ」と思っていたことに対して     |
 |「おいしいと思っていたとおりで、全然おいしい!」と言うのは×。|
 |                               |
 | どうでしょうか・・・?                   |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

  ▲和田)前号では「『全然+肯定形』は明治時代から使われており、
    やみくもに『全然の後は否定形!』と思い込まないほうがいい」
    ということを簡単に書きました。

    ただ、同じ「全然+肯定形」でも、許されるものと許されない
    (許したくない?)ものがあって、Nさんのおっしゃる通りだ
    と思いますね。

    前号に書いた、私が使う「全然大丈夫♪」も、相手の「大丈夫
    か?」という心配に対して、「全然心配いらないよ、大丈夫♪」
    という意味で使っているんですね。

    ですから、「マイナスの状況に対して、いやいや全くOK!」
    という意味で使う「全然+肯定形」は全然許されますが(笑)、
    そういう脈絡もなく「非常に・とても」の意味で使うと誤解さ
    れる場合もありますよね。
    
    ウエディングドレスを着た姉を見て「お姉ちゃん、全然キレイ
    だよ〜」なんて言ったら、「ドレスを着てもキレイにはならな
    いと思っていたのかっ?!」なんてネ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 テニス仲間が、まな板を足の上に落として内出血した話をしていたので、
 私も料理中の失敗談を披露。

 煮物を煮込んでた鍋のフタ(分厚いガラス製)を取ったら、めっちゃ熱くて、
 「熱ぅーっ!」って思わず手を離したら下に落ちちゃって、床の上でゴロン
 ゴロン転がったので、慌てて止めようと思ったら、そのフタに片足を突っ込
 んでズルッ!と滑った……というマンガみたいな本当のお話。

 するとその友達に、「へぇ〜、和田さんでもそんなことするねんね〜」って
 冷静に言われてしまいました。

 「あほや〜」と言って爆笑されたほうが救われたんですケド……。(-_-;)

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただきありがとうございました。ソコは笑うとこ! (T_T)│
└──────────────────────────────────┘