▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2005年1月7日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 107号
                            発行部数5710部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「問題」と「課題」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐…………………………………………………………………
 │問題│ 「社内の問題解決に取り組む」
 |& | 「社内の課題解決に取り組む」
 |課題| この場合の【問題】と【課題】はどう違うでしょう?
 └──┘…………………………………………………………………

 ◆広辞苑◆
  問題――研究・論議して解決すべき事柄。
  課題――課せられた題・問題。

 ◆大辞林◆
  問題――解決を要する事項。
  課題――解決しなければならない問題。

 ◆明鏡国語辞典◆
  問題――解決・処理などを必要とする課題。
  課題――解決しなければならない問題。

 ◆日本語新辞典◆
  問題――研究・討論などを経て解決の方法を探らなければならない事柄。
  課題――解決すべきものとしてある事柄。

……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 【問題】と【課題】にはほかの意味もありますが、今回は上記のように
 「解決しなければならないコト」の意味で使う場合を比べてみました。

 実は、随分前に読者のTさんからこの違いについてのご質問をいただき、
 個人的にメールでお答えは済んでいますが、ちょっと新年第1号として
 ふさわしいかなと思い、取り上げてみることにしました。(^^)

 各辞書の説明を読んでも、その違いはよく分かりませんよねぇ。
 「同じじゃないの?」と言いたくなりますが、なんとなく違うんですよね。

 2年間、ビミョーな言葉について研究してきましたが、言葉というのは、辞
 書に載っている意味だけでは説明しきれない深いものがあると、とても考え
 させられるご質問でした。

 私が苦しんで出した答えを、Tさんに返信したメールのまま掲載しますネ。

 > 「問題」は、起きている事柄自体を指していて、
 > 人によっては、その事柄が「問題」である場合と、
 > そうでない場合があると思います。

 > 「課題」は、将来に向けて設定する目標で、
 > 自分自身や他人に課すものだと思います。

 > けさのメールで『私の「課題」にすべきところを
 > 「問題」のまま放置いたしておりました』と書きました。

 > 「問題」は、メールでご質問があったことを保留のまま放置したという事実。
 >       (人によっては「問題である」と考えない人もいます)

 > 私の「課題」は、ご質問に対して良い回答を出すこと。

 > 「課題」には、「いつまでに」「どのレベルで」などの詳細設定が必要です。


 いかがでしょうか。白状しますと、実はまだスッキリしていないのです。
 読者の皆さんのご意見をお聞かせくださいませ。<(_ _)>

  メールはこちらからどうぞ♪ → < mailto:mwada@pearl.ocn.ne.jp >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「……ので」と「……から」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌−【匿名さんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | デパートなどのエスカレーターでは、注意のアナウンスが流れてい|
 | ますが、「危ないですから、ご注意下さい」とか        |
 | 「危ないですから、遊ばないようにしてください」とか言っている|
 | のが、どうも耳について仕方ありません。           |
 |                               |
 |「危ないですから」って、変だと思うのですが・・・?      |
 |「危ないですので」の方がどっちかというと自然な気がするのです。|
 |                               |
 | 他にもっとスマートで適切な言い方があればいいのに、と、   |
 | いつも聞くたび思ってしまいます。              |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

  ▲和田)『大辞林』から引用します。気合を入れて読んでくださいね。(笑)

 【ので】は、因果関係が客観的事実に基づいているような場合に用いられる。
 【から】は、推量・禁止・命令・質問など、話し手の主観に基づくような場合
     に用いられる。

  おいおい、もちっと簡単に解説してくれよ〜って感じですね。…(-_-;)

  んじゃ『明鏡国語辞典』を見てみましょう!

 【ので】は、因果関係を、話者の説明が必要な論理として示す。
 【から】は、因果関係を、説明を要しない自然的な摂理として示す。

  え? まだ分かりにくい?(笑)

  言葉で説明すると難しくなっちゃうんですが、
  【ので】は客観的、【から】は主観的と単純に考えると、デパートなどの
  公的な場所でのアナウンスは、やはり【ので】を使うのが妥当でしょうね。


  『明鏡国語辞典』にも、

 「頼むからやってくれ」「電車がなくなるからもう帰ろう」など、
 説明抜きで論理の展開を急ぐ、命令・依頼・勧誘などの表現は【から】と
 なりやすい、と書いてあります。

 【から】だと、やや強引で押し付けがましく聞こえてしまうんですね。(^^;)


 そもそも「危ないです〜」は「形容詞+です」の形で、現在は認められてい
 るものの、昔はなかった表現ですので、それ自体に違和感があって、スマー
 トではないと感じるのかもしれません。

 私は「危険ですので〜」がスマートだと思いますが、「危険」を使わないの
 は、子供には難しい言葉だからでしょうか……ね?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 あけましておめでとうございます!
 どうぞ、ことしもヨロシクお願いいたします。<(_ _)>

 さて、いきなりですが、
 ことしは本を出します。(おっと、ついに来たかぁーっ?)
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 昨年の夏、グアム旅行から帰ってきてボーッとしていたところへ、【ビ研】
 を本にしないかと出版社さんから一通のメールが……。(もう、ビックリ!)

 待てよ、待てよ、慌てるな、落ち着けぇ。私のポリシーはなんだった〜?

 「来るモノは拒まず、去るモノは追わず、楽しいことにはクビを突っ込む」
 
 よし! 楽しそうだからクビを突っ込んじゃえ〜!

 ということで、トントンと出版化の話は進んだのでした。


 予定は9月です。
 日本語教材を中心に出版されているスリーエーネットワークさん
 → < http://www.3anet.co.jp/ > から出版しま〜す♪
 今、着々と(?)原稿を執筆しているところです!

 【ビ研】をさらにバージョンアップして、メルマガではできないアンナコト
 やコンナコトが盛りだくさん♪

 絶対、楽しい本にしますので、どうぞ楽しみに待っていてくださいネ!


 さらに、さらに、春から携帯電話向けの有料コンテンツに採用されることも
 決まっていまして、【ビ研】がどんどん世の中に出ていく年になりそうですぅ。

 もちろん、毎週のメルマガも配信していきますので、どうぞ皆さまの温かい
 ご支援を、今後ともよろしくお願い申し上げます。<(_ _)>

                         頑張りまっす b(^^)d
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。行け行けドンドン(^^)│
└──────────────────────────────────┘