▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2004年11月26日
           【ビミョーな言葉研究所】        第 101号
                            発行部数5743部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>「志向・指向・思考」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐…………………………………………………………………
 │問題│ 彼女はいつも「プラスシコウ」だ、はどれでしょう?
 └──┘…………………………………………………………………

 ●志向
  心がある目的に向かう。目指す。志す。
   ̄ ̄
  ▽例▽
   本物志向・上昇志向・ブランド志向・健康志向・福祉志向型の経済運営

 ●指向
  物事が特定の方向に向かう。
   ̄ ̄ ̄
  ▽例▽
   指向性マイク・指向性アンテナ

 ●思考
  考えること。また、その考え。

  ▽例▽
   正しい思考・主観的な思考・権力的な思考・論理的思考力・思考停止


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 【志向】と【指向】は、いずれも、ある方向に向かうことです。
 上の用例に下線を引いたように、

 【志向】は「心が向かう」
 【指向】は「物事が向かう」

 と、一般には使い分けます。(一部を同義に扱う辞書もアリ)


 【思考】は「考え」ですので、【志向・指向】とは区別できますが、問題の
 「プラスシコウ」は【プラス思考・志向】のどちらも考えられますネ。

 漢字を当てはめるとき、その言葉の意味を考えますが、これだけ流通してい
 る(と思われる)「プラスシコウ」を載せている辞書ってないようです。

 私が調べた10冊ほどの辞書の中で『明鏡国語辞典』だけが、「プラス」の
 見出し語の「肯定的であること」の意味の中で【プラス思考】という用例を
 挙げているのみでした。


 私は「プラスシコウ」は「何事もプラス(いい方向)に考えること」という
 意味だと思いますので、【プラス思考】が適切だと考えます。
 「プラス」=良いこと・ためになること・有利なこと・効果があること、
 って、具体的に目指すものではないと思うのです。

 ※『記者ハンドブック』(共同通信社)でも、【プラス志向】は使わない、
   としています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃ ◆◆ 「けんけんがくがく」のマトメ ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 先週の100号と臨時号について、読者の皆さんから本当にたくさんのご意
 見(メール)をちょうだいしました。ありがとうございます。

 「誤用とは知りませんでした!」というスタンダードなご意見から(笑)、
 「辞典によって違うんですねー」という驚きのご意見、
 「『広辞苑』に載っているから正しい、とは限らない」
 「使っているやつがいるけど、間違いダ! と声を大にして言おう」
 「正誤ばかりに囚われず変化を楽しみたい」
 「誤用とは、科学のように正しいか誤りかを争うというよりも、使う人間の
  品性を問うものだと思う」

 などなど、いろいろなご意見があり、私のパソコンはしばらく「かんかんが
 くがく状態」でした。(^^;)


 もし『広辞苑』だけが認めていたのなら、そのことをチョロっと書くだけで
 したが、ほかの多くの辞典でも認めて(許容して)いたので、この事実はご
 報告すべきだと思い、臨時号の発行となったワケです。

 言いたかったことの【マトメ】としては、
 ■「けんけんがくがく」は、本来は誤用である。
 ■辞典によっては、「かんかんがくがく」と「けんけんごうごう」の混同・
  混交した言葉として掲載しているものもある。

 以上、2つの事実だけです。


 このことについてどう判断されるかは、皆さん自身が決めてくださいネ。

 あふれる情報の中から、何を信じ、何を自分の基準とするかは、個人の自由
 と責任だと思っています。

 私個人の考えは、
 「けんけんがくがくは誤用だから使わない」
 「でも、使っている人を責めない」(笑)
 「辞典に関して言えば、広く世間に認められて一般化することを“市民権を
 得る”と言うけれど、権利を得たなら、“実は誤用です”と申告する義務も
 負ってほしい(つまり、本来は誤用であることを明記してほしい)」です。


 今回のことで、情報をうのみにしてはいけない、もっともっと調査・研究す
 る必要があるということを痛感しました。

 ご意見をくださった皆々様、本当にありがとうございました!
 深く、深く、感謝いたします。<(_ _)>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 波田陽区(はたようく)ってご存じですか。別名「ギター侍」。

 着流し姿でギターを弾きながら漫談(?)するお笑い芸人さんです。

 「拙者、○○○○○○○○ですから……切腹!」と、最後は自分についての
 ネタで締めるんですね。

 で、「拙者、昼ご飯、食べ過ぎましたから……満腹!」っていうパロディー
 を思い付いたので、ダンナに、「会社で、このネタ、使ってもいいよ〜♪」
 と言ったら、「そんなん、もう使ってる」と言われてしまいました。(^^;)

 おまけに、「拙者、そろそろ休憩しますから……一服!」
 という新しいネタまで教えてもらいました。

                    ……夫婦って似るのね。(-_-;)

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。『広辞苑』斬りっ!!│
└──────────────────────────────────┘