▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2004年9月24日
           【ビミョーな言葉研究所】         第92号
                            発行部数5940部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「不用」と「不要」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●不用(用いない。役に立たない)

  ▽例▽
   予算の不用額・不用の施設・不用の用(=無用の用)
                      ※何の役にも立たないようで、
                       実は立派に役立つこと。
 ●不要(要らない)

  ▽例▽
   不要な買い物・会費不要・心配は不要です・不要不急の出費を控える


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 さて、「不用品」と「不要品」。
 『類語大辞典(講談社)』では、

   不用品……用いなくなった物。
         例)不用品を処分して、家の中をすっきりさせる。

   不要品……必要でなくなった物。
         例)不要品買い取ります。

 となっています。(えぇ〜よくわかんないよぉ〜ブーブー)

 この場合、「不要品を処分して……」でも「不用品買い取ります」でも、
 間違いではないですよね。

 つまり、「用いなくなって必要でなくなった物」は、【不用】と【不要】の
 どちらでも使えるわけです。
 一般的には、「不用品バザー」などと【不用品】のほうを使うようですが。

 ただし、「連絡は……」「説明は……」「許可は……」「手数料は……」
 などなど、「必要ありません!」の場合は【不要です】を使います。

 ということで、「ただ単に必要でない」というときは【不要】を、「用いな
 くなって必要でなくなった」場合には【不用】を使うといいと思います。


 <私的用例> 「夫は不要よ」(独身のキャリアウーマン)

        「夫は不用よ」(既婚の主婦Aさん)

               …………言葉って奥深い……ふぅ〜(;-_-)=3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「面白いです」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛


 ┌−【Iさんからのメール(編集)】−−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | 形容詞を「ですます調」で表現するのは、ちょっと厄介なように |
 | 思います。例えば…                     |
 |「美しいです」「面白かったです」というのはなんだか不自然です。|
 | (文法的に無理があります)                 |
 |                               |
 | かといって、「美しゅうございます」「面白うございました」  |
 | というのも丁寧すぎるような気がします。           |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

 ▲和田)「楽しいです」「悔しいです」「大きいです」など、いわゆる
     「形容詞+です」の言い方ですが、これは現在は認められてい
     ます。

     昭和27年に国語審議会がまとめた『これからの敬語』の中で、
     「平易簡明な形として認めてもよい」となっているのです。

     現在は一般化されていますが、昔はなかった表現ですので、
     まだまだ違和感を感じる人もいらっしゃるようですネ。


     私は……「うれしいです!」とか言いますねぇ。
     特に違和感はありません。

     でも、ちゃんとした文章を書くときは、「うれしく思います」
     →「幸いに存じます」とバージョンアップしていきますよ。
      
     「おい!【ビ研】はちゃんとした文章じゃないのか?!」
      というツッコミは、ナシでお願いします…。(^^;)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 「感動したっ!」……小泉首相じゃないケド。(笑)

 娘の学校の記念祭(体育祭+文化祭)を見てきました&撮ってきました。

 「私もこんな高校に行きたかったな……」。コレが正直な感想です。

 体育祭は、体育の授業の発表の場ではなくて、スポーツを通して楽しむこと
 を表現する、まさに「お祭り」だったのです。

 みんな笑顔でした。楽しそうでした。若いエネルギーがみなぎっていました。

 そこに先生の影はほとんどなく、「自由と創造」の校風のもと、生徒が中心
 になって、お祭りを創り上げていたのです。

  『生徒の 生徒による 生徒のための記念祭』 by おか〜ん(^^*)

 進学する高校は、体験入学だけじゃなくて、体育祭や文化祭を見て決めるの
 も一つの手だと思いますよっ♪

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。ではまた来週〜♪(^^)│
└──────────────────────────────────┘