▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2004年7月30日
           【ビミョーな言葉研究所】         第84号
                            発行部数5947部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                    ◎等幅フォントでご覧ください◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>>>>「こんこん」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌──┐………………………………………………………
 │問題│ 「コンコン」と諭す、の漢字は書けますか?
 └──┘………………………………………………………

 ●こんこん(渾々・滾々) ※常用外漢字のため通常はひらがな書き
  水などがわき出て尽きないようす。

  ▽例▽
   こんこんとわき出る清水
  
 ●こんこん(昏々) ※常用外漢字のため通常はひらがな書き
  意識のないまま深く眠り続けるようす。

  ▽例▽
   こんこんと眠る

 ●こんこん(懇々)
  丁寧に詳しく説くようす。

  ▽例▽
   懇々と諭す ← 問題の答えで〜す!


……………………………………………………………………………………………
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 【こんこん】って、結構いろいろあるんですね〜。

 「こんこんと」というと、何となく「ずっと続いて」というイメージはあり
 ましたが、それぞれ漢字が違うとは思いませんでした。(^^;)

 上にも書きましたが、【懇々】以外は常用外漢字のため、一般にひらがなで
 書きます。

 ドアをノックする「コンコン」、風邪をひいてせきをする「コンコン」、
 きつねの鳴き声の「コンコン」は、擬声(音)語ですので、カタカナ書きが
 分かりやすいですネ☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「シめショめ問題」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 今号の第2研究室はお休みしますね。

 ちょっと物足りないぞ!というアナタ。ご安心くださいませっ。(^^)

 前号の「今週のビミョー」で取り上げた【始め】と【初め】について、
 平成9年、当時中学2年生だった三好万季さん(中学3年のときには和歌山
 の毒入りカレー事件を取り上げ、そのレポートは第60回文藝春秋読者賞を史
 上最年少で受賞)が書かれた夏休み自由研究レポートをご紹介させていただ
 きたいと思います。

 あいさつの「はじめまして」は、「始めまして」か「初めまして」か?!

 『シめ(始め)ショめ(初め)問題にハマる』
 というタイトルのこのレポートは、数々の辞典や日本語入力ソフトの比較、
 果ては世論調査まで、研究家も脱帽の行動力と調査力でつくり上げられた
 傑作なんですよ〜。(若干の敗北感…)(^^;)

 ハマりたいかたは、↓コチラ〜♪↓ かなりのボリュームあり!
          < http://www.platz.or.jp/~yoroz/simesyome.htm >

 (ご紹介くださったMさん、そしてKさん、ありがとうございました〜)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 ◎

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛       

 夏休みなので、娘ネタです。(^^;)

 娘は高校で軟式テニス部に入っていて、夏休みも毎日練習しています。
 ことしの夏は暑いので、ちょっとバテバテかな。(笑)

 昨日、クラブから帰ってきて、床に寝っ転がり、『サザエさん一家』を
 歌っていました。(サザエさんのエンディングの曲ですね〜)

 人間、疲れていると、単純な歌詞の歌を選曲するらしい…。

 ♪大きな空を眺めたら 白い雲がとんでいた
  今日は楽しい 今日は楽しい ダイビングぅ〜♪

 って、おい! 今日は楽しい“ハイキング”だろーが!

 どこかに飛び込みたいほど疲れているのか……。(海にしてネ)

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
┌─┴──────────────────────────────┴─┐
│最後までお読みいただき、ありがとうございました。ではまた来週〜♪(^^)│
└──────────────────────────────────┘