▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                            2004年3月19日
           【ビミョーな言葉研究所】         第65号
                            発行部数5604部
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                     ◎等幅フォントでご覧下さい◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「規定」と「規程」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●規定

  ▽例▽
   法律で規定する・規定に従う・前項の規定
  
 ●規程

  ▽例▽
   両院協議会規程・組織規程・職務規程・施設利用規程


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 用例だけで意味は書きませんでしたが、要するに「決まり」ですね。

 「規定」は個々の条文を言い、「規程」は全体を指します。

 「規定」は「規定する」と動詞になりますが、「規程」はできません。

 「3月に規定された職務規程の第一項の規定によりますと……」とか。
                           ↑おいおい。(^^;)

 新聞では、固有名詞以外は「規定」に統一されているところが多いようです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「分かる・解る・判る」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 読者さんからよくいただくリクエストなんです。

 でも、私のお答えは「悩んだときは“分かる”を使ってください」と。
 その理由はカンタン。「解る・判る」は常用外訓だからです。

 あら〜そんな寂しいことを言わないでぇ〜という声が聞こえてきそうですが、
 何かを目安にしないと混乱しちゃいますからネ。
 文章は「わかりやすい」のがイチバンです!

 あえて使い分けるとすれば、

  見分けられる → 分かる
  理解できる  → 解る
  判断できる  → 判る

 で、いかがでしょう。

 ちなみに私は「わかる」と平仮名で書きます。
 それは「分かる」に統一しちゃうことに違和感があるからです。(小さな抵抗)

 公用文の『標準用字用例辞典』では「わかる」と平仮名書き、
 新聞の『記者ハンドブック』では「分かる」と統一、
 ここは平仮名に1票というところです、私はネ。(^^*)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編┃集┃後┃記┃☆┃
━┛━┛━┛━┛━┛

 自宅のパソコンで入力の仕事をしているため、1日中パソコンがついている
 ことも多いんですね。

 仕事が終わって、夜中にパソコンの電源を落とし、画面が真っ暗になると、
 「お疲れさま」と思わず声をかけてしまいます。あ、パソコンにね。(^^;)

 思えば、洗濯機や食器洗い機にも「きれいにしてくれて、ありがとぉ〜♪」
 なんて声をかけます。(ヘ、ヘンですか?)

 でも、同じ電器製品なのに、24時間休むことなく黙って物を冷やしてくれて
 いる冷蔵庫には声をかけないなぁ……。不憫なヤツ。
         

======================================================================
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。ではまた来週〜♪(^^)
======================================================================