▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

           【ビミョーな言葉研究所】     2004年1月30日
                                第58号
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                     ◎等幅フォントでご覧下さい◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>「答える」と「応える」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●答える(返答)

  ▽例▽
   質問に答える・問題に答える・呼んでも答えがない・受け答え・口答え
  
 ●応える(応じる・報いる)

  ▽例▽
   期待に応える・声援に応える・要望に応える・手応え・歯応え・見応え


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私┃的┃考┃察┃  ▲今週のテーマはWさんからのリクエストでした〜♪
━┛━┛━┛━┛

 「批判にコタエル」……批判に対して意見を言う場合は「答える」。
            批判された悪い点を改める場合は「応える」。

 強く感じるという意味の「寒さがこたえる・骨身にこたえる」や、
 耐え忍ぶ・我慢するという意味の「持ちこたえる」などは、平仮名書きが
 一般的です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「お召し上がりください」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 前号で「おっしゃられる」という二重敬語のお話を書きましたところ、
 Iさんから↓のようなメールをいただきました。


 ┌−【Iさんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 |「お召し上がりください」という使い方は間違っていますか。   |
 |「お・召し上がり・ください」と三つの敬語が重なっているように |
 | 思われますが、これはおかしいですか。            |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

  ▲和田)まず、「お・召し上がり・ください」と三つに分かれるのでは
      なく、「召し上がる」と「お…くださる」の二重敬語という形
      になっています。「お」と「くださる」は1セットなんですね。

      そして、たとえ二重敬語になっていても、日本語として定着し
      ている慣用的な表現は、間違いとは考えられないのです。

      ほかに「伺う」→「お伺いいたします」などもあります。

      また、「高・尊・令」などの接頭語が付いた語は尊敬語ですが、
      「ご高説」「ご尊顔」「ご令嬢」なども慣用的に使われます。

      前号の「おっしゃられる」は、「おっしゃる」と「言われる」
      の二つの尊敬語を混ぜ合わせているところに問題があります。

      ―― 参考『敬語 速攻マスター』鈴木昭夫著 ――

        
======================================================================
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

 ここのところ、読者さんから「敬語」に関する質問が増えています。
 ネットで調べてももどかしく、思わず本屋さんへ買いに走りました。

 言葉って、普段何気なく使っていますが、いざ質問されると説明できなかっ
 たりしますよね。

 子供に「○○ってどういう意味?」って聞かれると、ドキッとします。(^^;)
 「△△△という意味や」と、一応冷静に答えた後で、国語辞典へ直行します。
 間違ったことは教えられませんからねぇ。そこで新しい発見があったり!

 ご質問は大歓迎ですよん。私自身、とても勉強になります。(*^^)v


======================================================================
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。ではまた来週〜♪(^^)
======================================================================