▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

           【ビミョーな言葉研究所】     2003年12月12日
                                第51号
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                     ◎等幅フォントでご覧下さい◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>>「聞く」と「聴く」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●聞く(一般用語)=hear

  ▽例▽
   物音を聞く・うわさを聞く・意見を聞く・聞き入れる・聞き返す
   聞き耳を立てる・聞き分けのない子・手が言うことを聞かない
  
 ●聴く(特別用語)=listen

  ▽例▽
   音楽を聴く・講義を聴く・国民の声を聴く・聴き入る


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛

 「聞く」は広い意味・用法があります。
 自然と耳に入ってくる場合(例:サイレンが聞こえる)や
 人の言葉に従う(例:親の言うことを聞く)、
 質問する(例:道を聞く)場合にも使いますが、
 「聴く」はそういった使い方はしません。

 「聴く」は、「聞こうとする意志を持って熱心に聞く」場合に使います。

 つまり、聞く態度によって使い分けるのですが、「聴く」は上記の例のよう
 な場合に限定的に使い、一般的には「聞く」を使う方が良いとされています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「清聴」と「静聴」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 「ごセイチョウありがとうございました」
 「ごセイチョウ願います」

 同じセイチョウでも、漢字が違うんですよね〜。

 「清聴」……相手が自分の話などを聞いてくれることを敬って言う語。

   話を聞いてくれてありがとう。→ ご清聴ありがとうございました。
                     ̄ ̄
 「静聴」……静かに聞くこと。

   静かに聞いてください! → ご静聴願います。
                   ̄ ̄

 ◎おっ、「聴く」つながりでまとめるなんてセイチョウ(成長)したな〜。
  相変わらずダジャレで落とすところがまだまだですが。(^^;)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv★ 読者のWA! ★vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
----------------------------------------------------------------------

 ┌−【Sさんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                               |
 | はじめまして。                       |
 | 曖昧な感覚を、いつも「なるほどね」と納得させていただいてい |
 | ます。これは子供から年寄りまで読むべきじゃないか?と    |
 | よく思ったりするぐらいです。                |
 |                               |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘
   ▲和田)Sさん、ありがとうございました〜♪ うれしいです(^^*)

       さてさて、どんな年齢層の方が読んでくださっているので
       しょうね。アンケートの結果発表は次号で。乞うご期待!

 ☆=【アンケートご協力のお礼】=☆

  とても感動しています。パソコンの前でウルウルしています。(*_*)
  たくさんの方にアンケートにお答えいただき、心より感謝いたします。
  本当に、本当に、ありがとうございましたっ!

        
======================================================================
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

 読者の皆さん! 次号でいよいよ1周年です。おぉ〜(^^)v
 よく1年続いたな、って褒めてやってくださいな。(笑)

 バックナンバーを読み返してみると、初めのころの文章は、なんてつたない
 んでしょう。こんなコトを書いていたのかと、ちょっと恥ずかしくなります。

 でも、そう思えるということは、少しは成長しているのかな?

 1年前には考えられないほど、たくさんのメルマガを読んでいます。
 それもこれも、このビ研の質を上げるためです。

 特に文章力を上げるために、↓の2つを愛読しています。

 『集まる・売れる・儲かる☆パワーライティング塾』
  http://www.mag2.com/m/0000116475.htm

 『誰にでも出来る!1日10分文章上達法』
  http://www.mag2.com/m/0000114370.htm

 パワライの沼田さんは、かぁ〜なりオモシロイ人です。
 私もパワーのある文章を書きたくて勉強させていただいてマス。

 文章上達法の平野さんは、パワライにもライターとして参加されているん
 ですよ。その名のとおり、文章上達のためのワザを、ステップを追って解
 説してくださいます。

 ビ研を、もっと楽しく、もっとわかりやすくするために、これからも邁進
 していきますので、どうぞ末永くお引き立てくださいませ。(^_-)

 【後記の後記】
  あれ〜今回はちょっと文章が硬いかなぁ……。
  しかし、1周年で、まだカ行の「き」かよっ!


======================================================================
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。来週は1周年〜♪(^^)
======================================================================