▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

           【ビミョーな言葉研究所】     2003年7月17日
                                第30号
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                     ◎等幅フォントでご覧下さい◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>「計る・測る・量る」(数える)
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ●計る
  数量や時間などを数える。

  ▽例▽
   時間を計る
  
 ●測る
  長さ・高さ・深さ・速さ・距離・面積などを数える。

  ▽例▽
   水深を測る・標高を測る・面積を測る

 ●量る
  重さ・分量・容積などを数える。

  ▽例▽
   目方を量る・升で量る・量り売り


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私┃的┃考┃察┃ ▲今週のテーマはKさんからのリクエストでした〜!
━┛━┛━┛━┛

 「数える」の意の「ハカル」がテーマです。

 「計る」は基本的にすべてに使えます。

 『大辞林』(三省堂)も『類語大辞典』(講談社)も「計る」をメーンに持って
 きて、長さや面積の場合は「測る」、重さや容積の場合は「量る」とも書く
 となっています。                       ̄ ̄ ̄ ̄

 さて、「計る・測る・量る」には、「数える」以外の意味もあります。
 それは次週に取り上げますネ。

 【参考】
  記者ハンドブック(新聞)では、「計る・測る・量る」を使い分け、
  標準用字用例辞典(官公庁)では、すべて平仮名で表記します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃  ◆◆ 「御社・貴社」「当社・弊社」 ◆◆
━┛━┛━┛━┛━┛

 ┌−【匿名さんからのメール(抜粋)】−−−−−−−−−−−−−−−−┐
 |                                |
 | 「御社と貴社」、「当社と弊社」をお願いします。        |
 |                                |
 | 在職中に顧客企業宛てに手紙を書く場合は「御社・弊社」だった  |
 | のですが、「こんな私を就職させてもらえませんか?」という手紙 |
 | の場合は「貴社」を使うようなのです。             |
 |                                |
 | また、人材紹介会社Aから「BさんにC社を紹介します。当社は…」|
 | という表現を見かけたことがあります。             |
 | C社を指して当社と使っているようでした。           |
 |                                |
 └−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−┘

 ▲和田)「御社」……面接時など口頭で使う。
     「貴社」……文書で使う。

  明確に規定されているわけではなく、
  基準として、そうしたほうがいいということです。

  ただ、その理由を知れば納得です。↓

  「御社」の「御」は常用漢字の音訓外です。
  正式な文書などでは、やはり常用外の漢字を使わないほうがよいとされ
  ているので、文書で「御社」は避けたほうがいいということです。

(注記※「御」が常用漢字の音訓外というのは誤りです。第46号にて訂正いたしました)

  そして「貴社」については、同音異義語(記者・帰社など)が多く、
  勘違いを避けるため、口頭では使わないほうがいいとのことです。

  「弊社」と「当社」に関しては、「弊社」には自社をへりくだる意味が
  ありますが、「当社」にはありません。
  「当社」には「我が社」という意味と「この会社」という意味があります。


======================================================================
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

 先日、お届け物があってご近所を訪ねました。
 すると玄関口に出てこられたのは、思いがけずご主人!
 初対面だったので、「3軒向こうの和田です」とあいさつしようと思った
 んですが、焦って「3年向こうの和田です」と言ってしまいました。

 「どんだけ向こうやねん!」と心の中で自分に突っ込みましたが、
 そのご主人は物静かな方で、ナンの反応もなく「はい」と言われました。

 突っ込んでくれとは言いません。せめて愛想笑いぐらいしてくれたら、
 その後のご近所づき合いも円滑なものになったことでしょう。(グスン)


======================================================================
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。ではまた来週〜♪(^^)
======================================================================