▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

          【ビミョーな言葉研究所】    2003年3月13日
                              第12号
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                   ◎等幅フォントでご覧下さい◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>「表す」と「現す」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
●表す(表現) 
 言葉・絵・音・身ぶり・表情などで、思想や感情を外へ出す。
 はっきり表に出す。表示。表明。発表。表出。 

 ▽例▽
  意思を表す・敬意を表す・喜びを表す・家名を表す・名は体を表す
  
●現す(出現)
 隠れていたもの、見えない所にあるものを表に出す。現出。具現。

 ▽例▽
  姿を現す・才能を現す・正体を現す・頭角を現す・馬脚を現す

*「輪郭をアラワす」場合、「はっきりさせる……表す」
             「隠れていたものが見えてくる……現す」

【オマケ】
●著す……書物を書いて、世に出す。(例:書物を著す・自叙伝を著す)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛
同訓異義語の定番?でしょうか。わりと分かりやすいですよね。
「輪郭をアラワす」の例はちょっとビミョーですが、普段あまり使わない
言葉だと思いますので、深く追究するのはやめましょう。(^^;)

日常的に使われる言葉で「数字にアラワれる」というのがありますが、こ
れは「表れる」「現れる」どちらも使います。

「自然に……」のときは「表れる」。
「隠しきれずに……」のときは「現れる」。

日頃の運動不足が数字(体重)に……の場合は「現れる」かなぁ〜?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃
━┛━┛━┛━┛━┛
歴史のお話です。(うっわぁ〜超苦手っ!)(^^;)

「○○の乱」とか「○○の変」というのがありますが、「乱」と「変」の
違いについてのご質問を、Fさんからいただきました。

「乱」も「変」も、ともに「政治的目的を伴った反乱」であり、
現政権側が鎮圧した場合には「乱」(不正行為とみなされる反乱)、政権が
転覆した場合には「変」(反乱軍が勝って、自らの反乱を正当化したもの)
というのが、どうやら基準のようです。

ですが、そこがまた日本語のあいまいなところで、慣例として使われてい
る場合もあったり、人によって違ったりもするようです。

==================================================================
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
この原稿ができあがってから、Hさんよりメールをいただきました。
なので急遽「2研」の追加です。

皆さん、前号の2研を覚えていらっしゃるでしょうか。
漢字には中国から伝わった時代によって複数の音読みがある云々……。

▼Tさんからのご質問
>> 「大」という読みの違いです。
>> 「大地震」は「おお」ですね、「大火事」「大津波」ですが、「大激震」
>> は「だい」ですよね?
>> この「大」の読みには法則性があるのでしょうか?

▼Hさんより
> これは、音読みと訓読みの違いではありませんか?
> 音読みには、音読みの「ダイ」が。
> 訓読みには、訓読みの「おお」がつくと思います。

あああっ!(赤面)
そうです!「おお」は音読みではありません。音読みは「ダイ・タイ」です。
「ダイ」と「タイ」の違いを前号で書いたのですが、ご質問への回答として
は少し説明不足でした。お詫びいたします。<(_ _)>

「おお」はHさんがおっしゃるように訓読みの言葉の前につきます。
例えば「大忙し・大雨・大金持ち」など。ですが、例外もあるようです。
「大火事・大所帯・大掃除」など、慣用的に使われているものです。

ややこしくなってすみません。分かりやすいメルマガを目指しておりますの
で、分かりにくいところなどがございましたら、いろいろご指摘をいただけ
ると本当にありがたいです。Hさん、ありがとうございました。<(_ _)>

==================================================================
 ご黙読ありがとうございましたっ! ではまた来週〜♪も頑張るぞっと。
==================================================================