▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

          【ビミョーな言葉研究所】    2003年3月6日
                              第11号
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                   ◎等幅フォントでご覧下さい◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>「生む(生まれる)」と「産む(産まれる)」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
●生む(生まれる) 
誕生する・作り出す・新しくできる

 ▽例▽
  赤ちゃんが生まれる・生まれ変わる・生まれ月・生みの親
  明治生まれの人・子供は3人生みたい
  傑作を生む・新記録が生まれる・利潤を生む・新しい国家が生まれる
  新宿にもうすぐ新しい名所が生まれる
  生みの苦しみ[創作]
  
●産む(産まれる)
 主として出産関係
 赤ん坊や卵を体の外へ出す

 ▽例▽
  赤ちゃんが産まれる・小さく産んで大きく育てる・産み月・卵を産む
  産み落とす・案ずるより産むがやすい
  産みの苦しみ[出産]
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私┃的┃考┃察┃ ▲今週のテーマは、Nさんからのリクエストでした!
━┛━┛━┛━┛
まず、『大辞林』(三省堂)では、「生む」と「産む」は使い分けられてい
ませんでした。

☆ポイントその1
「生む」が一般的に使われることが多いが、こと出産関係になると「生む」
も「産む」もどちらも使われる。

上の例にもあるように「赤ちゃんがウまれる」は「生」と「産」どちらも
使うようです。
個人的には、妊婦さんが「う、う、産まれるぅぅぅっ!」のとき以外は、
「生」のほうを使いたいです。なんとなくリアルなので。(笑)

☆ポイントその2
「案ずるより〜」とか「小さく産んで〜」などの慣用句は、「産む」を使う。

☆ポイントその3
「ウみの苦しみ」は、何をウもうとしているのかによって使い分ける。(^o^)

ちなみに新聞記者さんなどが使う表記辞書『記者ハンドブック』(共同通信社)
には、注意書きとして「紛らわしいときは一般用語の“生む”を使うか平仮名
書きにする」とあります。(^^;)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第┃2┃研┃究┃室┃
━┛━┛━┛━┛━┛
▼Tさんからメールでご質問がありました。(抜粋)

> 「大」という読みの違いです。
> 「大地震」は「おお」ですね、「大火事」「大津波」ですが、「大激震」
> は「だい」ですよね?
> この「大」の読みには法則性があるのでしょうか?

和田)えっと……わかりませ〜ん。
 で、調べましたので、簡単にサラッと。(^^)

漢字は、言葉が中国から伝わった時代によって複数の音読みをする場合が
あるそうです。

一般的な「漢音(かんおん)」は遣隋使や遣唐使の時代に伝わりました。
それ以前に伝わったものは、中国の三国時代の一国を取って「呉音(ごおん)」
と言い、鎌倉時代以降に日本に伝わったものは「唐音(とうおん)」と言います。

「明」(ミョウ・メイ・ミン)や「行」(ギョウ・コウ・アン)も複数の音読みが
ありますね。

ご興味のある方は「呉音 漢音 唐音」で、ネットで検索してみてください。
いろいろおもしろいことがわかりますよ♪

==================================================================
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
確定申告の季節ですね。
私は昨年の12月に開業したので、今年は申告する必要はありません。
つまり、申告するほどの所得がないということです。
(来年もする必要がなかったりして……(^^;))

ですが、娘が歯科矯正をしているので、医療費の還付申告をしました。
歯科矯正って保険がまったく効かないんですよねぇ〜。
1年間に支払った医療費が10万円を超えると、税金が戻ってきます。

近所の百貨店の臨時確定申告コーナーで申告書をもらい、国税庁のHP
を見ながら記入していき、郵送して、はいおしまい。ラクラクでした〜(^^)v

==================================================================
 ご黙読ありがとうございましたっ! ではまた来週〜♪
==================================================================