▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

          【ビミョーな言葉研究所】    2002年12月26日
                              第2号
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
                   ◎等幅フォントでご覧下さい◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今┃週┃の┃ビ┃ミ┃ョ┃ー┃>>>>>>>>>>>「愛」と「愛情」
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
●愛
 相手(対象)の価値を認め、大切にすること。
 損得ぬきで相手に尽くそうとする気持ち。
 対象は具体的なものから抽象的なもの、物質的なものから観念的なもの
 まで非常に広い。*崇高なニュアンスを伴う。 

 ▽例▽
  恵まれない子供たちに愛の手を・真理への愛・仏の愛にすがる
  
●愛情
 愛し、慈しむ気持ち。
 愛に比べれば具体的で「神」や「真理」などを対象とするのは違和感が
 ある。

 ▽例▽
  親の愛情を受けて育つ・桜の花への愛情・仕事への愛情
  「もう……あなたに対する愛情がなくなりました」


【オマケ】――愛のいろいろ
 隣人愛・兄弟愛・師弟愛・夫婦愛・同志愛・民族愛・人類愛・同性愛
 祖国愛・母性愛・父性愛
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私┃的┃考┃察┃
━┛━┛━┛━┛
 今週のテーマは「愛」と「愛情」。
 なんだ一緒じゃん。とか言わないでください。
 オマケを見ていると、世の中は愛に満ちあふれているようです。
 「愛」の説明で「損得ぬきで相手に尽くす」というのが気になりました。

 あなたには損得ぬきの「愛」が、いくつありますか。

==================================================================
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛
創刊号が発行された後、読者の方から何通かメールをいただきました。
ありがとうございます。反響があるというのはうれしいものです。
一方通行ではないんだと実感しました。

このメルマガを「研究所」という名前にしたのも、実はそこら辺のところ
があって、登録していただいた皆さんはこの研究所の所員さんなのです。
まぁ便宜上私が所長ということになりますが、何も高い所から講じるつも
りはありませんし、残念ながらそんなことができるほど日本語に精通して
いるわけでもありません。
所員の皆さんと一緒に研究していけたらいいなぁ〜と思っています。

ですから「それ、違うんじゃないの?」なんてご意見や、「おお!目から
ウロコです」なんてご感想もご遠慮なくお送りくださいね。
ご意見はこのメルマガでもどんどんご紹介したいと思っております。

==================================================================
 ご黙読ありがとうございました。ではまた来週♪……って来年だ!
  〜良いお年をお迎えください〜
==================================================================